はい、栗本動物病院です。

東京都小平市の栗本動物病院です。ときどき更新しています。

気管がいきなりぺちゃんこに?気管虚脱の話

台風に、熱帯夜に、と 気候の落ち着かない日々です。
恐怖を感じるほどの雨が降った数分後に いきなり晴れたりして、もうほんと日本は温帯というより亜熱帯になってしまってるのでは…

f:id:kurimotoah:20190818002411j:image

せめて写真で 涼をどうぞ!


そんな日々、やはり気になるのは 呼吸器の病気。エアコンの効いた部屋から外へ出た瞬間に感じる、うッ というあの息の詰まる感じ。
キュッと身のすくむような 冬の寒さもかなりのダメージになりますが、夏のこの 高湿・高温のダブルパンチも、なかなか厳しいものがあります。


前回 取り上げたのは、短頭種症候群 という病気でした。
マズルの短い いわゆる鼻ぺちゃの子たちは 気道のつくり的に 呼吸器にトラブルを抱えやすく、それがもとで 突然死するリスクが高いので 飛行機に乗れないことがある…というお話でしたね。
犬のほうが マズルの短い種類が多いので、この病気もある程度は知られていますが、猫さんも最近は 鼻ぺちゃの種類が増えてきました。
鼻ぺちゃ猫といえばマンチカン、という印象もありますが、実は アメショーもそちらの部類。
猫さんは、わんちゃん以上に個体差が大きいので、品種でひとくくりにすることはあまりありませんが、イビキなどの症状が出始めると 猫さんのほうが重症なことが多いので、早めに病院へ連れて行きましょうね。


今回は、気管虚脱 という病気の話です。


これは、比較的 小型の子に多いものの、短頭種症候群ほど 特定の品種には偏っていません。
言い換えれば、どんな種類の子でも、出る可能性があるということなんですね。


気管、はわかるけど、虚脱って? と お思いのあなた。
これは、気管が形を保っていられず、ぺたんと平たくなってしまう という病気です。
この 形を保っていられない という現象を 虚脱 とよぶので、気管が虚脱する=気管虚脱 という病名になりました。


気管は、ふつうは ホースのような形をしています。
これが、ぺたんと平たく潰れてしまうので、空気の通り道は狭くなってしまったり、ひどい場合は 塞がってしまったり。
息が吸えないわけですから、死んでしまいます。
死なないために、一生懸命に吸おうとするので、咳込んだり、ガーッガーッといった 喉が鳴る音を立てながら、息をします。
喉よりも奥が原因の音なので、鼻が関係している イビキのような 短頭種症候群の音とも、また違う音がすることが多いです。


悪化すると、いきなり倒れたり、チアノーゼといって 舌が青紫になることがあります。
寒い日のプール上がりのような色ですが、これは寒いわけではなく、息がうまくできないせい。
息ができないから、酸素をうまく取り込めないので、酸素を取り込んだ赤い色でなく、老廃物や二酸化炭素でいっぱいの 青紫になってくるんです。


これは、悪化させる要因として、肥満や興奮がありますが、案外見逃せないのが 首輪による刺激。
はしゃぐタイプの子など、お散歩の時にテンションが上がりすぎて思い切り引っ張ってしまい、首輪が食い込んでしまったりするんです。
これが、案外刺激になって、症状を悪化させてしまいがちなんですね。


日本人の国民病とまで言われている 肩こりなどからの連想もあり、首輪よりもハーネス、チョークチェーンよりもジェントルリーダーが一般的になってきました。
気管虚脱は、原因がわかっていないので、発症するか しないかがわかりません。
少しでも、愁いをなくしておくために、気管に影響を及ぼしにくいものを使うのは、とてもいいこと。
こんど 首輪を買い換えるときには、ぜひ ハーネスも検討してみてください。


ご相談も 承っていますよ。
あなたのご来院、お待ちしています。

飛行機に乗れない犬。短頭種症候群のはなし

夏です。
それでも、いつの間にか時間は過ぎ、季節は進んでいて。
日の出は少しずつ遅くなり、日の入りも早くなり…
短い夏が終わっていきますね。
素敵な思い出を作れていますか?


夏の思い出といえば、やはり旅行。
中でも、飛行機に乗るくらいの長距離旅行となると。
夏休みくらいの機会がないと、なかなか出かけられませんよね。


実は、飛行機に乗るには いろいろと健康上のチェック項目があるのだそう。
爆発するかもしれないから、酸素ボンベの手放せない人は乗れないとか、
閉所恐怖症、パニック発作のある人は、最後の発作から何日か経っていないと乗れないとか、
ほかにも オストメイトや 妊婦さんなど、さまざまな人が チェックに引っかかる可能性があるのだそうです。


どうぶつたちの場合、もっとも引っかかる可能性が高いのが、呼吸器疾患。
中でも、タイトルにもした 短頭種症候群で、夏場は飛行機に一切乗せてもらえない という犬種があるのを ご存知でしょうか。


短頭種症候群というのは、パグちゃんやシーズーペキニーズ、フレンチブルや一部のチワワちゃんのように、鼻の潰れた顔の犬種に多い呼吸器の病気。
息をするときに、アヒルの鳴き声のような、イビキをかくような音がするので、すぐにわかります。
こういった子たちは、あの愛嬌のある顔立ちや体型と引き換えに、
・鼻の穴=空気の取り込み口が小さい
・軟口蓋(人間ののどちんこ周り)が大きく、空気の通り道が塞がりやすい
・運動に向かない身体の作りなので、太りやすい
といった特徴があります。
つまり、空気をうまく身体に取り込めない という特徴があるんですね。


この病気は、ほぼ その犬種であることとイコール。
あの顔立ち、あの体つきなら、程度の大小はあっても 必ず持っているものです。


飛行機にどうぶつを乗せると、気圧の関係で どうしても平地よりは むくみやすくなります。
1号も、妊娠中に何度か飛行機に乗りましたが、国内線でもそこそこ、国際線では 靴が履けないくらいのむくみに悩まされました。
足が小さいので、日常で靴が履けないくらいまでのむくみになることはほとんどないのですが、気圧ってすごいですね。
機内ではそれなりに調整されているのに、こんなになってしまうんだな…と 驚かされます。


実は、この むくみこそが、短頭種の子たちが 夏に飛行機に乗せてもらえない大きな理由なんです。
というのも、短頭種症候群では、軟口蓋という部分がむくんで のどを塞いでしまうことが多いから。


軟口蓋というのは、人間でいう のどちんこのあたり。
どうぶつには わたしたちのような形ののどちんこはありませんが、気管につながる 軟らかいあのへんです。
カ とかガ とかの音を出すときに、舌が当たる場所でもありますね。
もともと、短頭種の子たちは、この 軟口蓋が長めです。
長いうえに、むくみやすいとなれば、塞がってしまっても まったく不思議はありません。
ここが塞がってしまうと、気管の手前が塞がってしまうわけですから、息ができなくなります。


軟口蓋が大きく、気管にかぶってくると、呼吸をするときに音が出るようになります。
これは、軟口蓋が 気管を通る空気によって震えるから。
つまり、軟口蓋がサックスのリードのような役割をして 音が出るわけです。
そして、これがあのイビキのような音の正体です。


すでに イビキ音がしている子はもちろん、まだの子も、飛行機に乗ると 症状が悪化してしまいやすい。
だから、この犬種の子たちは、夏に飛行機には乗せてもらえないことがあるんです。


意地悪では ないんですね。


呼吸をするとき、ガーガーとアヒルの鳴くような声や、大きなイビキが聞こえるようになったら。
一度、病院へ連れてきてください。
あなたの来院、お待ちしています。

は のつく八月、歯のケアの話

8月になりました。
電車の中には、休みを楽しみに 仕事に向かう人、まさにこれから 遊びにゆく人、楽しかった休みから 戻ってきた人…
みんな それぞれに事情がありますね。

 

f:id:kurimotoah:20190802172036j:image

こんな木漏れ日の下で のんびりお昼寝できたらなー…

八月は 和風月名で「はづき」といいます。
旧暦の八月では、落葉、つまり 木々の葉が落ちるのが八月でした。
それにちなみ、葉落ち月、つまり 葉月 となったのだそうです。
小学校で習ったときは、はちがつ を略して はづき とこじつけて暗記しましたが、本当は違うのですね。
そして、さらに 何かとこじつけがちな1号。
はづき の音にちなんで、八月前後には、歯のケアをするのをおすすめします。


歯のケア、と言っても、いろいろあります。
どうぶつの場合、麻酔をかけての 徹底クリーニングと、日常のメンテナンスに分かれます。
ときどき、ペットショップなどでも行っている 麻酔なしでの歯石ケアも、こちらの仲間ですね。


徹底クリーニングは、麻酔のかけられる動物病院でしか行なえません。
当院では、スケーラーなどの 専門器具を使うのはもちろん、超音波で洗浄する 本気の徹底クリーニング。
でも、麻酔は どうしたって体に負担がかかります。
どうぶつたちは、人間のように 部分麻酔や笑気ガスでの口腔ケアはできず、全身麻酔しか選択肢はありませんから、なおさらですね。


徹底クリーニングしなければならない状態にしてしまわないためにも、一度おこなった徹底クリーニングの効果をキープするためにも、大切なのが 日常ケアです。
お手軽なのはやはり デンタルガムを与えること。
当院では、ワクチンも作っている製薬会社が出していて安心の デンタルチュウをおすすめしていますが、やはり味には好みがあります。
デンタルチュウよりも 緑色のグリニーズが好き!というスタッフ家のワンコもいますし、それでもいいんです。
きちんと 習慣として続ける ということが大事ですのでね。


それよりも効果的なのは、やはり食後の歯磨きですが、時間が取れなかったり どうぶつが嫌がることも多いもの。
時間があるときや 機嫌のいいときには頑張ることにして、ふだんはデンタルガムをあげる というのが、いちばんムリなく続けられる方法ですので おすすめです。


ただ、獣医師として おすすめできないのが、蹄を使ったジャーキー・ガムの類と、キシリトール入りのもの。
特に、最近 ジビエが流行っているせいか、エコという意味で 人間の食べない蹄の部分をそのままジャーキーやガムに加工し、どうぶつ用として売っていることがありますが、これはいただけないですね。
ごく細かくパウダー状にするなどして、フレーバーとして振りかけてあるタイプなどでは、問題ない場合もありますが、
ほとんどは「しっかり長持ち!カミカミする力の強い子に」という触れ込みで そのまま干しただけ に近い状態で売られています。
硬いので、しっかり噛むから 歯磨き効果がその分高い という理屈のようですが、
蹄は硬すぎるので 歯が折れたり 最悪の場合には 割れてしまうこともあります。
こういった、蹄のままの ジャーキーや 歯磨きガムには ご注意ください。


それと、キシリトール入りのもの。
これは明確にいけないもの。
キシリトールは、中毒を起こします。


キシリトールは、わたしたち人間では 血糖値を上げにくいんですね。
糖尿病の人たちがキシリトールを甘味料として使うのは、これが理由です。
他にも、むし歯菌をやっつける機能があったり、むし歯の原因となる 酸を中和したりと、素晴らしい機能があるんです。
キシリトールは、人間の歯をケアする上で、欠かせない存在なのですね。
こんなにいいなら…と、犬にも使いたくなりますが、とんでもない!
血糖値が上がらない どころか、下がりすぎて倒れてしまいます。
血糖値は 下がりすぎると、命に関わります。
犬には 決して使ってはいけないものです。
キシリトールの怖いのは、体に入る量が少なくても 症状が強く出る場合があること。
食事といっしょに キシリトールを取った場合、それほどひどい低血糖症状は出ないといわれていますが単独で食べてしまった場合、ごく少量でも 危険な場合があります。
具体的には、10kgくらいの 大きめの柴犬ちゃんや ふつうサイズのコーギーちゃんは、キシリトールガム2個で 倒れる場合が。
5kgくらいのトイプーちゃんなら1個ですし、2kgないチワワちゃんや 小さめのハーフ犬たちなら  カケラでも危険なんです。


人間と同じと思いこみ、キシリトールなら、身体にいいし。
夏は暑いから、食欲がわかないから、せめて甘みを足してあげよう…なんて、与えてしまったらもう終わりです。
わざわざ与えなくても、含まれているジャーキーを与えてしまったら 同じことですから、気をつけてあげてくださいね。


は のつく 八月は、歯のケアのこと。
少しだけでも 意識してみてくださいね。
クリーニングのご相談も お受けしております。

f:id:kurimotoah:20190802172030j:image

小さい夏 見つけた!

犬と心臓病② 拡張型心筋症

こんにちわわ!
なんて書き出しで、ブログを書いていた時代がありました。
…(枕に顔を押し当て足をバタバタさせながら)そんな時代もありました。


さて。
前回、心臓病のお話をしました。
見ていただいているようで、twitterなどのSNSや、診察室で、お声がけをいただくことが増えています。
今回は、引き続き心臓病の話をいたします。


前回は、僧帽弁閉鎖不全症といって、小型犬に多い病気でした。
マルチーズヨークシャーテリア、チワワやキャバリアといった子たちに多い病気です。


今回は、拡張型心筋症という病気。
これは、シェパードなどの大型犬や、わんわん物語で有名な コッカースパニエルに多い病気です。


心臓というのは、筋肉の塊です。
肺と全身に血液を巡らすポンプです。
筋肉の中でも、手足のように わたしたちの意志で動かせる筋肉ではなくて、平滑筋 という特殊な筋肉。
他の内臓と同じように、自分の意志では動かせない筋肉=不随意筋 で、できています。


普通の心臓では、この 心臓の筋肉がしっかりしており、ばねのように必要なときに大きく、強く伸び縮みしますので、たくさんの血液を押し出せます。


でも、この 拡張型心筋症 の子の心臓は、筋肉が薄くなってしまいます。
ばねが伸びきってしまった状態ですので、がんばっても 押し出せる血液の量が少ないんですね。
巡る血液の量が少ないわけですから、回数を多く鼓動するしかない…
前回と 似たような展開になってきましたね。


普通の心臓は、水風船に水を入れて口をきゅっと締め、必要になったら口を開け ぎゅっと風船を握りつぶして水を勢いよく押し出すことができます。
僧帽弁閉鎖不全症では、この風船に水をいっぱいに入れても、口をきゅっと締めることができないため、ダラダラと口から水が漏れ続けます。
なので、ぎゅっと風船を握りつぶしても、押し出せる水の量が少ないんですね。
いっぽう、拡張型心筋症では、風船自体のゴムがダランと伸びきってしまっています。
なので、水をいっぱいに入れてぎゅっと握りつぶしても、勢いよくたくさんの水を押し出すことができないんです。
ほかに、風船のゴム自体が分厚くなり、水を入れるスペースが小さくなってしまう、肥大型心筋症という病気もありますが、これは犬たちではかなりまれですので、わたしたちが日ごろよく診るのは 圧倒的にこのどちらか。
心臓病は、口の締まりがゆるくなるか、ゴムが伸びきるか、です。


拡張型心筋症の場合も、僧帽弁閉鎖不全症と同じように、心臓の動きを助ける 強心剤や、出口を広くして 少しでも多くの血液を送り出せるよう、血管拡張薬がよく使われます。
このほかに、拡張型心筋症の場合、心臓の無駄打ち、つまり 鼓動はしているのに 血液を送り出せない といった症状が出ることがあります。
これが続くと、要は 心臓がまったく機能できてない、つまり 止まっているのと同じ状態になります。
いきなり倒れたり、最悪 突然死してしまうこともある、恐ろしい状態です。
こういった症状を抑えてくれるのが、抗不整脈薬。
この薬も 使われることの多いお薬です。


拡張型心筋症は、何より怖いのが この突然死。
突然死を防ぐ!が、何よりも優先されます。
大型犬が、夏の暑さでハアハア言ってるだけ…と思ったら、バタッと倒れてそのまま。
そんなことも普通にあるのが、拡張型心筋症の怖さです。


本格的に暑くなってしまうと、出かけるのもためらいます。
外へ出るだけで具合が悪くなってしまいそうですよね。
そうなる前に、一度 心臓のチェックをしておきましょう。
心臓病は、早くケアを始めれば 始めただけ、調子のよい期間が長く、お薬も少なくて済みます。
少し天気の悪い日なんかは 大チャンス!
早めに 動物病院にお越しください。
当院では、待合室を涼しくして みなさまをお待ちしています。
お散歩ついでに、ぜひ お立ち寄りください!
あなたの来院、お待ちしています。

 

f:id:kurimotoah:20190726173028j:image

犬と心臓病① 僧帽弁閉鎖不全症

過去の自分に元気をもらったり、ベッドに頭からダイブして 枕に顔を押し付けながら、わー!と叫びたい気持ちにさせられたり。
長くブログを書いていると、いろいろなことがありますね。
ごきげんよう、あなたの1号です。
(数年前のテンションを引きずりながら)

f:id:kurimotoah:20190719165216j:image

1号が思い出しジタバタから復帰するまで、しばらく綺麗な写真をお楽しみください


さて。
前回の記事→http://kurimotoah.hatenablog.com/entry/2019/07/12/172911
で、これから少し 病気の話をしようかなあなどと考えておりました。
有言実行、とまではいきませんが、有言手を付ける、くらいは (忘れちゃうから)やっておきたいタイプの1号です。


最初のターゲットは、前回少しお話に出た 心臓病の話を。
中でも、マルチーズシーズーなどといった小型犬に多い、僧帽弁閉鎖不全症 という病気の話です。


心臓というのは、4つの部屋のある臓器。
人間では、握りこぶしくらいの大きさの臓器です。
握りこぶしの中が、上下左右に分かれていて、左右は筋肉の壁で隔てられていますが、上下を隔てるのは弁という、パラシュートのような形の薄い膜。
それぞれ、右にあるのが三尖弁(さんせんべん)、左にあるのが僧帽弁(そうぼうべん)という名前がついています。


僧帽弁閉鎖不全症というのは、その名のとおり、左側の上下を隔てる弁がきちんと閉まらなくなってしまうという病気。
弁の開け閉めは、心臓の内側の壁とくっついたひもが担当していますが、このひもが ダランと伸びきってしまったり、切れてしまったり、弁自体が 分厚くなって きちんと閉めているのに すき間ができるようになってしまうことがあります。
僧帽弁閉鎖不全症とは、そんな病気なんです。


じゃあ、弁がちゃんと閉まらないと、なぜいけないか?
なぜ病気になるのか?
それは、心臓の役割が 代わりの効かない大切なものだからなんです。


そもそも、心臓というのは、全身に血を巡らすポンプと、肺に空気を回して呼吸をさせるポンプ、二つのポンプの役割を担っています。
僧帽弁閉鎖不全症は、この ポンプの働きが落ちてしまうという病気なんですね。


わたしたちにとって 身近なポンプといえば、自転車用の空気入れでしょうか。
僧帽弁閉鎖不全症は、自転車のタイヤの 空気入れ孔に、きちんと空気入れの先がはまっていない状態です。
こんな状態では、頑張ってシュコシュコとポンピングしても、空気が漏れてしまいますから、頑張ったわりに タイヤにはあまり空気が入りませんよね。
それと同じで、僧帽弁閉鎖不全症になると、頑張って心臓は鼓動するのに、全身や肺に血液が効率よく巡らなくなってしまうんです。


血液を巡らすポンプが効率よく働かないということは、体の中での 液体の動きが悪くなる ということ。
その結果、肺に水がたまる 肺水腫が起きたり、肺でうまく酸素を取り込めなくなったりします。
水にじゃまされ、肺の働き自体が悪くなったり、肺はきちんと働いていても、肺から全身に酸素を巡らすことが 効率よくできなくなるわけです。


するとどうなるか。


たとえば、酸素を100行き渡らせる必要があるとしましょう。
そして、100の酸素を行き渡らせるためには、100の血液を巡らさないとならないとします。
僧帽弁閉鎖不全症でない子が、一度の鼓動で20巡らすことができるなら、鼓動5回で100巡りますね。
でも、病気の子は、一度の鼓動で10しか巡らすことができません。
すると、同じ100巡らすためには、倍の10回の鼓動が必要になるんです。


それだけではありません。
100の酸素を行き渡らせるということは、その分の酸素を取り込む必要があります。
病気でない子が、一度の呼吸で10酸素を取り込めるとすると、100取り込むには10回の呼吸が必要になります。
ところが、病気の子は、一度の呼吸で取り込める酸素は5くらい…
そうなれば、呼吸は20回。
病気でない子の倍、呼吸をする必要があります。


病気の子は、こういった流れで、少し運動しただけで、すぐに息が上がってしまったり、脈が早くなってしまう、頻脈といわれる状態になってしまったりするんですね。


わたしたちは、こういった子には、心臓の負担を取るようなお薬を使います。
お薬でポンプの不具合を治すことはできませんが、たとえば、ポンプにつながるホースが太ければ、流せる血液は多くなります。
つまり、血管拡張剤 といわれる薬を使うことがあります。


また、肺に溜まった水分を おしっことして体の外へ出せるよう、利尿剤を使ったりもしますし、
強心剤で 心臓の働きを助けたり、心臓の働きを抑えて 休ませるような薬を使うこともあります。


僧帽弁閉鎖不全症は、小型犬に多い病気です。
実は、この病気にいちばん良くないのが、怒ること。
嗅ぎ慣れない臭いや 聞きなれない音、チャイムの音や 宅配便のトラックの音にカーッとのぼせ、歯をむき出しながら玄関へ走っていくにも、大きな声で吠えるにも、酸素をたくさん消費してしまいますから。
でも、小型犬たちは、一般的に怖がりでおこりんぼうの子が多いです。
そうすると、どうしても 悪化させてしまいがちです。


病気の悪化を 最小限に食い止めるには、やっぱり 生活改善が重要です。
中でも、血管を狭くしてしまいがちな 塩気のつよい食事やジャーキー。
こういったものはできるだけ 与えないようにしていきましょう。
薬を きちんと飲ませることも、とても重要です。


最近、なんだかやたらとハアハアいうようになったとか。
疲れやすいようだとか。
気になることがあれば、できるだけ早めに ご来院ください。
心臓の治療は、早く始めるほど いい状態をキープできます。


あなたのご来院、お待ちしています。

曇りの日に

去年の西日本豪雨から早くも1年。
スッキリしない日が続いていますね。
こんな日々は、寒暖差や、室温と外気温との差などで、体調を崩しやすい日々でもあります。
そこから、転がるように体調がどんどん悪くなってゆき、夏に弱ってしまう子が多いです。


夏に悪化しやすい病気の代表格が、心臓病と呼吸器疾患。
気温が高いので、普通にしていても心臓や呼吸器に負担がかかります。
また、のどが渇くので 水分も多く取りますが、水分の取り過ぎがてきめんに堪えるのが こういった病気です。
しかも、これらの病気は、お互いに連動していることがとても多いんですね。
心臓病から呼吸器疾患、呼吸器疾患から心臓病、どちらも とても多く起きる病気の流れです。


こういった病気の進行を少しでも食い止めるのに有効なのが、エアコン。
とにかく、室温を低く維持することが肝心です。
お散歩の欠かせない子は、夜明け前や 夜遅くなど、涼しくなってから お散歩へでかけましょう。
あまりにも日中が暑く、路面のほてりがひどい場合は、思い切って お散歩はお休みにするか、アスファルトの上は避けて 公園などの土のあるところへ行くのも方法です。
アスファルトは、熱くなりやすく、冷めにくい素材。
夏場、わたしたちよりも アスファルトに近いところに 顔や心臓のあるどうぶつたち、しかも 病気の子たちには、大げさなほどに 気を使ってあげてください。


元気なわたしたちでも、サウナへ入ると、その湿度や室温に一瞬うッ、となること ありますよね。
その、うッ、が 命取りになるのが、こういった病気の子たちなんです。
安心して夏を過ごさせてあげるために、お散歩は 涼しくなってから。
そして、家の中のエアコンは 点けっぱなしにしておきましょうね。

 


===


実は、こういった 日常生活での気をつけていただきたいこと、いわゆる 啓蒙の記事よりも、病気の話を くわしく記事にすると、てきめんに 読んでいただける数が増えていきます。
やっぱり、病気の話を 知りたい方が多いのですね。


1号、バズとかはあまり 気にしないスタンスで記事を書いています。
春には狂犬病ワクチンの話をしたいし、
梅雨になれば皮膚病が気になります。
夏になれば暑さに気をつけていただきたいし、
秋には虫が、冬には関節が心配です。
生活していくうえで、しゃべらない家族との橋渡し役として、みなさんに知っておいていただきたいことや、気に留めていただきたいこと。
そういったことへの、リマインダー的記事を書いているつもりなんです。
でも、ふと アクセス分析を見て、みなさんが読みたい記事、知りたいことを書く ということも大事だなと感じました。


これから、もう少し 特定の病気の話をすることが増えるかもしれません。
来院されたときに、ぜひ 感想をお聞かせください。


あなたのご来院、お待ちしています。
 

熱中症の季節はめぐる

令和最初の七夕ですね。
みなさま、短冊はもう書きましたか?


1号は 緑色のマスキングテープと、カラフルなフセンで 七夕もどき。
願いごとは…
やはり、豚コレラ終息 でしょうか。
ええ、こう見えて 獣医師 ですのでね。


終わりの見えない 豚コレラと闘う人たちもいる中、いよいよ 季節は夏に向かっています。
今年の夏も、きっと毎日のように 高温注意情報が発表されたりするのでしょう。
コレラと闘う現場では、風通しの悪い場所で 長袖の作業服での肉体労働もあるようです。
一日も早く 終息しますように。


実は、どうぶつたちにとっても 夏はこれくらいに過酷です。
わたしたちと違い、全身に毛皮を着ているどうぶつたち。
そして、汗をかけるのは 足の裏だけとくれば。
暑さに弱いのも 当然のことですね。
若いうちは まだ対応ができても、歳をとってくれば 難しくなります。


よく言われることですが、熱中症は 生卵がゆで卵になってしまう病気。
一度茹でられてしまった卵は、どれだけ冷やしても もう元の生卵には戻りません。
茹でられて死んでしまった部分が 生き返ることはないんですね。
熱中症で亡くなるとか、ひどい後遺症が残る場合は、脳に大きなダメージが加わっていることが多いもの。
脳は、とても熱に弱い臓器なんです。


がんや 心臓病のように、避けられない病気も多いなか、熱中症というのは 避けられる可能性の高い病気。
しかも、生活習慣病のように、避けるのに大きな苦労のある病気ではなく、エアコンのスイッチポン、でいいのです。
夏場、小さな家族に お留守番を頼むときには、ぜひ エアコンのスイッチを入れてお出かけを。


茹でられてしまってからでは、もう遅いです。
でも、茹でられてしまわないようにすることは、簡単にできますから。


そうはいっても、帰宅して、家族の様子がおかしかったら。
とにかく、最寄りの病院へ駆け込みましょう。
かかりつけ でなくてもいいんです。
人間だったら 救急車レベルの事態ですから。


暑くなる前に、お近くの動物病院、把握しておきましょう。
当院の患者様は、当院の受付時間外は OB小宮先生の勤める ER府中さんへ。
042-306-8052 へ、ご相談ください。


あまりに 暑い日は、当院へ 涼みにお立ち寄りください。
あなたのご来院、お待ちしています。