はい、栗本動物病院です。

東京都小平市の栗本動物病院です。ときどき更新しています。

戌年の年賀状。写真撮影のコツ、教えます!

来年は戌年ですね。
12年に1度の せっかくの機会だから、愛犬を年賀状に!と考えるみなさんも 多いのではないでしょうか。
家族みんなで 気合を入れてプロに撮ってもらうという方、到底アマチュアとは思えないような すごい機材をお持ちの方、いろんな方がいらっしゃいます。
せっかくの晴れ姿、どうせならいちばんキレイな姿で!と考える方が多いからでしょうか、最近 トリミングの枠が着々と埋まってきております。
もともと、年末年始は ご予約が多く、混みあうのですが、今年はさらに早いようです。

当院でのトリミングは、皮膚病、心臓病やてんかん、がんの子など、一般のサロンではトリミングが受けられない 当院患者様限定で行っています。
数分おきに休み休み進めなければならない子、酸素を使いながらのほうが良い子、獣医師が付きっきりで トリミングというよりはもはや診察になってしまう子…いろいろな状態の子が来ます。
混み合うと、それぞれの子に負担がかかりやすくなったり、トリマーさんだけでなく 獣医師の対応が追いつかなくなってしまう可能性があるため、予約の枠が限られます。
写真の撮影日がもう決まっていたり、家族みんなの都合が合う日はこの日だけ!など 日にちに制約のある患者様は、ぜひ お早めにご連絡を。

さて、そんな 戌年のご家族写真。
プロに頼むほどじゃないし、機材といってもふつうのデジカメやスマホくらいしかないのよね。でも、せっかくだし、うちの子の写真も…
なんて、お思いの方。
ちょっとしたコツを押さえて撮れば、見違える写真が撮れるんです。

ポイントは2つ。
まず、1つ目は、被写体の目にピントを合わせるということ。
目にピントがあっていないと、なんとなくボヤけたり、違和感のある写真になりがちです。
たとえば この写真。
f:id:kurimotoah:20171202113653j:image
全体的にピントを合わせているので、なんとなくボヤけています。

主役が誰だか よくわからないというか。
主題が明確でない、違和感の出やすい写真になってしまうのですね。
集合写真のように、全体のようすを伝えるのならいいのですが、年賀状のように うちのこの子を見て!という使い方をするなら、イマイチになってしまいます。
そうはいっても、オートフォーカスでカメラが勝手にピントを合わせるから…とお思いの方。
オートフォーカスは、一点集中でピントを合わせることは苦手なことが多いです。
フワーッとこのへん、という感じでピントが合うものが多いので、うーん、なんだかなあ…という写真が撮れがち。
最近のカメラやスマホは、ピントを合わせたいところにタッチすれば、そこにピントが合うようになっていますから、ぜひそのひと手間をかけ タッチしてからシャッターを切ってください。

f:id:kurimotoah:20171202113927j:image

こんなかんじで
もし、そういったタイプのカメラやスマホをお持ちでないのなら、微妙に手の角度や伸ばし方を変えて 何枚も撮りましょう。
何枚も撮った中に、ピタリとピントの合うものがあるはずです。

次のポイントは、<b><u>明るく撮る</b></u>ということ。
年賀状とかでは特に、背景を消して わんちゃんの顔だけを切りだして使ったりしますよね。
このときに、写真が暗いと、なにがなんだかわからないことになりがちです。

f:id:kurimotoah:20171202114952j:image
この対策として、いちばん手軽なのは、スマホの無料アプリ、LINEやSNOWで写真を撮ること。
あの手の、勝手に美白補正のかかるアプリを使えば、ふつうに撮っていても 年賀状映えする写真が撮れやすいです。

f:id:kurimotoah:20171202115200j:image
毛の白い子など、写真全体が白っぽくて何がなんだか…になってしまったら、写真のアプリから自動補正を使いましょう。
iPhoneなら、右上に出る星と棒のマークをタッチ。
これでいい感じになるはずです。
スマホでなくデジカメで撮りたい という方は、画面の中でも影になった暗めの場所をタッチするか、ピントを合わせたい箇所をタッチして そのままフリック。
機種によって異なりますが、タッチした指を離さず画面上で上下左右どれかの方向に振れば、明るさが変わるはずです。

以前、写真がうまくなりたくて カメラマンバイトをしていたとき、現場で出会ったポートレート撮影の職業カメラマンの方は、いい写真を撮るにはまずいい表情を引き出すこと、と教えてくれました。
それを一度のチャンスで写しとるのがプロだと。
プロのように、一度のチャンスでベストショットを決めるのは難しいかもしれませんが、わんちゃんやねこさんのいちばんいい表情を引き出せるのは 飼い主様なんです。
f:id:kurimotoah:20171202115359j:image

いい表情?
一度で撮ろう!と思わず、何枚も撮るうちに 年賀状にふさわしいベストショットが撮れますよ。

表情はだいぶ引きつってしまうかもしれません…が、診察室や待合室で お写真撮影させていただくことも。
あなたのご来院、お待ちしています。

会いにいけるイケメン。オシャレ番長、クリオ君をご覧ください!

加計学園
認可されましたね。
来春開学ですから、2023年の春には、加計学園1期生が獣医師として社会に出てくるわけです。
折しも、島根県で死亡した野鳥から高病原性鳥インフルエンザが検出され、わたしたち獣医師の担う 社会的な役割にもまたスポットが当たる時期です。
飼い主さまのために、小さな家族たちのために、2023年の春から ともに頑張れる獣医師に羽ばたいてほしいと思います。

さて。
そんなニュースの傍ら、当院院長と1号の目を釘付けにしたニュース。
それがこちら。
http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=503365&comment_sub_id=0&category_id=113&from=news&category_list=113
イケメンで有名なゴリラのシャバーニ君が、東山動植物園の「東山どうぶつ総選挙」で1位になった…というものです。

実は、院長も1号も 名古屋市出身。
名古屋の小学生は、遠足で年に1度は訪れるのが この東山動植物園ですから、ここのニュースとなれば 見逃せません。
シャバーニ君は、ゴリラなのにイケメン…たしかにイケメンだけど…イケメンだけどゴリラ…
ということで、当院内でも話題になったことがあるだけに、ついつい 気にして見てしまいます。

院長「先生観た?昨日の。東山のゴリラのニュース」
1号「観ました。総選挙1位」
院長「ゴリラだけど…」
1号「イケメンだけど…」
奥さん先生「ねえねえ、二人はクリオ君見てくれた?」
院長・1号「えっ」
奥さん先生「ゴリラもいいけどクリオもね!」

というわけで、われわれが見たクリオ君…
は、みなさまに直接 ご覧いただくとして。
われらがイケメン、オシャレ番長のクリオ君コレクションを ご覧ください。

 

f:id:kurimotoah:20171115184403j:image

サンタクリオ君 プレゼントちょうだいよー!

 

f:id:kurimotoah:20171115184610j:image

落ち葉集めクリオ君 骨惜しみしない姿がさらにイケメン!

 

f:id:kurimotoah:20171115184628j:image

ドラキュラクリオ君 ハロウィンも満喫しちゃいます

 

f:id:kurimotoah:20171115184634j:image

夏男・クリオ君。レゲエ、砂浜、ビッグウェーブ

 

どうです この イケメンぶり。
シャバーニ君に勝るとも劣らぬ いい男ですよね。
当院では、ゴリライケメンの シャバーニ君には会えませんが、
ブロンズ製イケメンの クリオ君と、大竹まこと似イケメンの 当院院長がお迎えいたします。
イケメン好きのあなたも、そうでないあなたも。
あ、男性が苦手なご家族は、女性獣医師が担当しますので お申し付けくださいね。
あなたのご来院、お待ちしています。

 

しもやけかな?と、軽く考えないで!

なんだかもう完全に秋、冬の空気になってきましたね。
道行く企業戦士のみなさんも、ジャケットはもちろん、トレンチコートやダウン姿の方も多く見かけるようになってきました。
こんなふうに、気温がぐっと下がり、関東でも最低気温が10度を割るようになってくると、増えてくるのが しもやけのご相談なんです。

わんちゃん、ねこさんは、裸足で歩いています。
肉球は、わたしたちの足の裏より だいぶ硬い皮膚…ではありますが、それでもやはり 皮膚。
牛や馬のひづめのように、爪ではありませんから、しもやけになってしまうことがあるんです。
ひづめはひづめで 爪切り(専門用語で 削蹄さくてい といいます)などのケアがたいへんではあるのですが、わんちゃんやねこさんがしもやけになると 歩けなくなってしまうこともあり、とてもたいへんです。

しもやけになると、人間と同じで やはり最初はかゆみがでます。
ずーーーっと足先をなめたり かじったり、毛色の薄い子の場合、なめすぎて足先の毛色が変わってきた…なんてことも。
あれー?と思いつつも様子を見ていると、今度は、あかぎれ・ひび割れに進行してしまうことが。
肉球の皮膚は、ふつうの皮膚よりも厚くて硬いので、あかぎれやひび割れになると傷が深くて治りにくく、やっかいです。
こうなってしまうと、塗り薬だけでは治らず、抗生物質や 中には痛み止めやかゆみ止めなどを飲まないとだめな子も。

しもやけの治療には、わんちゃんやねこさんの皮膚の強さ、飲み薬・塗り薬の合う・合わない、傷口をなめるかどうかや、おさんぽのルート、おうちの床の冷たさなど、さまざまな要因が絡み合います。
一度なってしまうと、繰り返すことも多く、毎冬たいへんな思いをする子も 少なくありません。
オロナインやタイガーバームを塗って様子を見てました…という方も ときどきいらっしゃいますが、様子を見てる間に どんどんこじらしてしまうことがほとんど。
早めに動物病院を受診しましょう。

それから、見た目や初期の症状が しもやけと区別がつかない病気もあります。
これは、アレルギーの一種で、寒くなると発症してしまうもの。
これにかかってしまうと、一般的なしもやけの治療では治らず、アレルギーに対する治療も必要に。
この病気はとてもやっかいで、ふつうはしもやけで済むくらいの気温でも、凍傷を起こしてしまうことがあるんです。
凍傷で、耳の先や肉球の一部、鼻先なんかが欠けてしまう…
都内でふつうに室内飼いしていても、この病気の子は そうなってしまうことがあるんです。

しもやけかな?と軽く考えたり、様子を見たりせず、早めに動物病院にご相談ください。
特に、ダックスちゃんやラブちゃんのように、耳の先の毛が短い子や、元々アレルギー体質の子は 要注意ですよ。

あなたのご来院、お待ちしています。

 

台風のあとは…足下にご注意!こんなときには、すぐ動物病院へ

すごい台風でした。
海まで30分の 1号家。
川も近いので、聞いたことない音がスマホから何度も流れ、見れば 避難準備情報の通知だったり。
最初に鳴ったとき たまたま駅にいましたが、何十台ものスマホから 同時にあの音…
地震のころを思い出して ちょっとドキドキしました。

さて、こんなとき、「散歩から帰ったら、いつの間にか足を引きずっていて…」とか、「キャンと叫んでから足を痛がってるみたいなんです」なんて方が増えます。
台風のように、気圧が短時間で上下するときは、神経や関節に障ることも多いもの。
いつもの腰痛かな?と、様子を見てしまいがちなのですが。
実は、早く病院へ連れて行ったほうがいい場合もあるんです。

わんちゃん、ねこさんは、足のうらの肉球の間に 毛が生えています。
この毛に、とがった木の実や 割れたガラス、トゲなどが絡まってしまうことがあるんです。
台風など、強い風が吹いたあとは、特にこうしたゴミが落ちている確率が高くなり、とても危ないんですね。
毛が生えている ということは、蒸れやすいわけで、もし 刺さってキズができてしまった場合、ばい菌が入って膿んだり、治りにくくなってしまう確率が高いんです。

台風など 強い風が吹いたあとに お出かけして、気づいたら足を引きずっている。痛がっている。
そんなときは、早めに病院へ連れて行きましょう。
いつもの関節痛かな?嫌だこの子ももう年かしら、神経痛かも…
そう思って 様子を見てはいけません。
早く行けば そのぶん処置も軽く済みますし、薬も軽いものでいい場合が多いですから。
なまじ 様子を見てしまって、奥深くまで トゲやガラスが入り込んでしまうと、手術して取らないといけなくなってしまうかもしれません。
そうなれば、時間もお金もかかるうえに 長く痛い思いをさせてしまうことになります。

足のうらにトゲが見えない、キズが見当たらないからと 様子を見てしまう方もいらっしゃいますが、実はとっても見にくい角度で刺さっていたり、そもそも嫌がって見せてくれない子も。
特に、柴ちゃんなど 和犬の血が入っている子は、弱点である足のうらを触られたり 見せることすら嫌がる子も多いんです。
病院で、特殊なライトを当て、プロの看護師さんにしっかりと抱っこしてもらってはじめて見つけられるような 小さな小さなトゲやキズが、こじらせると足全体を腫れ上がらせてしまうことにつながるかもしれません。
強風のあと 足を痛がってる…
そんなときは、できるだけ早く病院へ連れて行きましょう。

あなたのご来院、お待ちしています。

 

ペットからSFTSをうつされる!?こんなときは病院へ!

ついに 出てしまいました。
マダニ感染症「犬からヒト」初確認 徳島の男性、既に回復 http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXMZO22077920Q7A011C1CR8000/

当院ブログでも、今年の8月、9月に連続して記事をアップしていた この病気。
SFTS、日本語では「重症熱性血小板減少症候群」という病気です。
今まで、どうぶつからヒトにうつった証拠はない とされてきた病気ですが、昨日10日、ついに厚生労働省が どうぶつからヒトにうつったことが確認されたと 発表しました。
この新しい、それでいて死亡率3割にもなるという報告もある おそろしい病気のことは、ニュースでも大きく取り上げられており、「体調不良のペットと濃厚な接触は避けて」「ペットが体調を崩したら、まずは動物病院へ」などと呼びかけられています。

でも。
濃厚な接触って、なに?
ペットが体調を崩したらっていうけど…どんな症状?よくわからないんですけど?
という方も 多くいらっしゃるのではないでしょうか。

SFTSの話をするうえで、濃厚な接触とは、キス・顔をうんと近づける などのこと。
どうしてそれを避けなくてはならないかというと、SFTSのウイルスは ヨダレやうんちの中にいることが多いからです。
キスするつもりはなくても、顔を近づけると ペロペロと舐められてしまったりすることがありますね。
そうすると、ウイルスの入ったヨダレが 鼻や目、唇などの粘膜について、そこからウイルスが体に入り込んでくることがあるんです。
キスすれば、口と口とがふれあうわけですから、より直接的に ウイルス入りのヨダレが粘膜についてしまう可能性が高くなります。

だいじな家族が 体調を崩したと感じると、つい心配で 顔を近づけてジッと観察してしまったりしますよね。
そういったことをすると、ウイルスが体に入り込む可能性が高くなります。
体調を崩した というのは、SFTSの場合 貧血や消化器症状が出るといわれています。
貧血は、いつもより元気がない、口の中や白目が青白い といった、分かりづらい症状のことが多いのですが、消化器症状とは、吐いたり下したりのこと。
SFTSは典型的な症状がないといわれますが、下痢は比較的多く出る症状ですから、下痢が出たときは、早めに動物病院へ。
そして、その下痢を、ついじっくり見分してしまったりすると 危険かもしれません。
サッと取って 病院へ持っていきましょう。

SFTSは、元来、マダニからうつる病気です。
つまり、マダニの対策をしっかりしていれば、あまり恐れる必要のない病気。
わたしたち人間は、やぶや草むらに入るときは長袖・長ズボン。
ペットたちには、フロントラインやネクスガードなどで対策できます。
マダニは、気温が下がってくると活動は鈍ってきますが、東京の平均気温をみると 4月上旬から11月下旬くらいまでは活動できてしまいます。
もう秋だから…と、油断して SFTSに感染しないために。
フロントラインも、ネクスガードも、さいごまできちんと使いましょう。
もうなくなりそう なあなたは、お早めに当院へ。
あなたのご来院、お待ちしています。

 

お月見団子にご用心!何か飲み込んだと思ったら、すぐに動物病院へ

一気に季節が進んでいます。
ついこないだまで、半そでで汗だくだったのに…
そんな今日は、中秋の名月
今週いっぱいは、月を見るといいとか。
毎日保育園帰りに 親子で月光浴を満喫しています。

さて、お月見といえば お団子ですよね。
伝統的には、丸めたお団子を十五夜には15個盛ってお供えし、お下がりをいただく…というのが定番ですが、一人暮らしだったり 和菓子があまり得意でなかったりすると、持て余してしまいがち。
余らせるくらいなら、スーパーの串団子でいいかな…美味しいし…なんて、ついつい手が伸びてしまったり。
でもね。
スーパーのだけでなく、串のついたお団子は とっても危険なんです。
わんちゃんが、飲み込んでしまうことがあるからです。

飲み込んでしまった串は、お腹の中で刺さります。
木や竹だから消化される…と思いきや、消化される前に刺さりますから。
そうなると、消化液が 胃や腸からお腹の中へと漏れだします。
生きたまま、自分で自分を消化してしまうわけですから、もう大変なんですね。
そうなってしまう前に吐かせなきゃ!と思うかもしれませんが、かえって逆効果。
串など、尖ったものを飲んでしまったのを吐かせると、むしろ刺さってしまうことのほうが多いんです。

そんなわけで、串を飲んでしまった!という場合、内視鏡や手術で取り出すしかありません。
飲み込んでしまってすぐなどですと、内視鏡でまず探す→取れたらそのまま取る という方法ができる場合もありますが、
お腹を痛がっているなど、すでに刺さってしまっている可能性が高い場合は、麻酔で眠らせる時間を短くするため あえていきなりお腹を開けることも。

実は、こういったことがいちばん起こりやすいのが、明日から今週末にかけて。
スーパーで串団子をゲット→月光浴しながらもぐもぐ→食べ終わった串はゴミ箱へポイ→お散歩で通りかかったらなんだかいい匂い!→くんくん、見つけた!→コラッやめなさい!→取り上げられる前に飲み込んじゃおう、ゴックン
この流れです。

いつものお散歩コース、明日からは少しだけ いつもより気をつけて歩いてください。
猫さんは あまり串を飲み込んだという話は聞きませんが、可能性はゼロではありません。
猫さんのお散歩のときも、ご用心くださいね。

それでも なにか飲み込んでしまったら…、
お早めに 当院までご相談ください。
刺さってしまう前なら、お腹を開けずに 取り出せるかもしれません。

 

かかりつけ病院の選び方

朝晩の気温が だいぶ下がってきましたね。
10月異動の方は、引っ越し準備に後片付けと、大変な日々が続いているかと思います。
そうでないみなさまも、そろそろ、夏の疲れが 出てきていませんか。
夏風邪は こじらしてしまうと長引きやすいですから、おかしいなと思ったら 早めに病院へ行きましょうね。

最近、ネットで話題の記事。
ウサギさんの飼い主さんが、セカンドオピニオンを取られたところ、病院ごとでこんなにも違うんだ、診察内容と料金とか…と驚いた経験をマンガにした という内容でした。
A院:お預かりして、飼い主さまに見えないところであれこれ検査→原因不明、検査代として5万円くらいの請求
B院:飼い主さまに問診→飲み薬で5千円くらいの請求
その後、飲み薬が効いたのか無事回復…というものです。
その記事に対し、A院ひどいという意見、B院だってたまたまじゃないのかという意見、いろんな意見を目にしました。

まず、金額についてですが、動物病院は 人間の病院と違い、健康保険がありませんので、たしかに お支払いのときに ウッ…となりがちです。
人間の病院で いちばん多いのは3割負担の方ですが、ざっくり言ってその3倍くらいになるわけですから。
ウッとなりますよね。
上の記事では、A院・B院でそれぞれどんな診察内容だったのかについても書かれていました。
検査や注射、それぞれの金額も。
その内容を動物病院で働く我々からみると、A院はうーんまあ23区内で物価高めのエリアとかならわからんでもないかな…まあ高めだけど…これくらいの設定にしてる先生はまあいるんじゃないかなあ…ウサギさんだしねえ…といった意見が多く、
B院もまあこれくらいかなあ…妥当なとこかな…激安でもないし高めともいえないかな…といったところ。

それより何より、1ページ目の2コマ目、4コマ目が引っかかる!という獣医師が とても多かったです。
それは、病院の対応。
ここには、笑顔で 原因不明!と言い放つ病院スタッフと、明らかに納得できておらず 不満顔の飼い主さま…という対比が描かれています。
これが問題なんです。

当院をはじめ、ここに引っかかった獣医師たちは、どうぶつたちの治療をすることを大切に考えています。
それは当然の大前提です。
でも、それと同じくらい、飼い主さまに納得していただくことも 大切に考えているんです。
だって、納得できないことに、何万も払いたくないのがふつうです。
だから、わたしたちは、言葉を尽くして説明します。
納得できるように、きちんと伝わるように、説明をするんです。
そうでないと、治るはずのものが 治りが遅くなったりと、いいことがありませんから。

お引っ越しをされる方で、引っ越し先に 当院の知り合いなど ご紹介できる病院がない方などから、
どうやって新しいかかりつけ先を選んだらいいでしょう…と、ご相談いただくことがあります。
そういう方に、当院がいつもお伝えしているのは、「会話のできる病院がいいですよ」ということ。
たとえ愛想はなくても、きちんと話をしてくれる病院、納得させてくれる病院ならば、対応に納得できず不満…という事態は避けられますから。

この記事で、A院の金額が高い!という意見がとても多かったのですが、実際の飼い主さまの立場になると、マンガの中の飼い主さま同様、この子のためならいくらお金がかかってもいい という気持ちになる方、とても多いです。
大学病院などにセカンドオピニオンを求めて行かれる方などは、7桁支払う覚悟で生命保険を解約して…とか、来月からパートを掛け持ちします!とおっしゃる方も。
A院どころか、ひと桁違う請求でも、それでも、連れていって良かったです!と笑顔で戻ってこられる方、たくさんいらっしゃるんです。

病院ごとで、対応が違うのは当たり前のことです。
人間の病院に行っても、スーパーやコンビニで買い物をするだけでも、違った対応があるでしょう。
だからこそ、話をして、相性をみて 選ぶことが大切なんです。
そういうふうに 病院を選ぶには、時間がかかります。
だから、引っ越しをしたら、早めの病院探しをおすすめします。

小平市小金井市に引っ越して来られた方。
ぜひ当院に お越しください。
お話して、相性が合うなと思っていただけたら、かかりつけに。
ちょっと違うかも…と思われたら、また違うところへ。
何軒か回れば 必ず相性の合うところがありますから、まずは体調を崩す前に 行ってみてください。

あなたのご来院、お待ちしています。