読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、栗本動物病院です。

東京都小平市の栗本動物病院です。ときどき更新しています。

秋花粉にもアレが効く!

ぃえっくしょーい!!
クシャミ というより、吠えてます。
近所の犬も つられて吠え出すくらいのボリュームで お送りしています。
こんにちは、薬を飲んでも飲まなくても 眠くなりやすいタイプの 代診1号です。

てっきり 原因はハウスダストかな…と 思っていましたが、
秋花粉 というものがあるのですね。
そういえば 電車などでも マスクにサングラス姿の人 よく見る気がします。

意外に知られていないことですが、どうぶつたちにも花粉症があります。
とはいっても、人間のように目や鼻に症状が出ることはまれで、
多くは 皮膚に症状が出ると言われています。

とはいえ、いわゆる皮膚炎のときほど、赤くなったりかゆがったりなめたりかんだりというところまではいかない子が多く、
なんとなくフケっぽい…と思っているうちに 季節が進んで症状が落ち着く子がほとんどなので、
見逃されがちです。

しかし、それを何年か繰り返しているうち、突然ひどくなったという話を聞くようになりました。
背中を一日中掻いているとか、柱に擦り付け続けてハゲてしまったとか、
ある日突然全身からフケが出るようになったとか。
びっくりして病院へ行っても、フケはすごいけど皮膚炎とかがないので、原因不明です、とか、様子見かねーと言われたり。
そして、かきむしっているうちに、皮膚にキズがついてそこからばい菌が入り、いつしか本物の皮膚炎になってしまうことも…

当院では、あんまりかゆがる場合には、一時的にかゆみ止めを使うこともありますが、
こういった場合 原則薬用シャンプーでの治療をおすすめしています。
花粉が皮膚についてかゆいので、元を断たずに症状だけ抑えても 効き目が切れればまたぶり返すだけなんですね。
また、薬用シャンプーといっても、殺菌作用が強いものはこういう場合にはあまりよくないとされています。
フケが出るから油っぽいんだろう、と、殺菌作用の強めなものでゴシゴシ洗ってしまうと、皮膚のバリアまで傷つけてしまいます。
そこからまた花粉が入って、かゆみが増して、どんどん掻いて掻いてかきむしって…悪循環です。
こんなときには、殺菌作用もありつつ皮膚のトリートメント効果もあるような、薬用シャンプーがオススメなんです。

お散歩に行かなければ、お家を換気しなければ、この時期はやり過ごせるかもしれません。
でも、それじゃきっと楽しくないですよね。
あつーい夏がようやく過ぎて、お散歩には最高の季節。
かゆみがもしも出てしまったら、お早めに病院へご相談ください。
当院では、薬用シャンプーを使った薬浴治療も承っております。
シャンプーが苦手でも、当院の至宝・トリマーSさんとなら頑張れる!という子、たくさんいますから、どうぞお気軽にご相談ください。

かゆいの、辛いですよね。
本人も、見ている方も辛い秋花粉。
いっしょに治療していきましょう。
あなたのご来院、お待ちしています。