読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、栗本動物病院です。

東京都小平市の栗本動物病院です。ときどき更新しています。

狂犬病予防注射は、手間なく済ませましょう!

何度かの春の嵐を経て、桜もすっかり 葉桜になってしまいましたね。
当院前、五日市街道の桜並木も、一面のみどりに変わりました。

f:id:kurimotoah:20170427072828j:image

エーッ 桜 もう終わっちゃったのーっ??

 

さて、狂犬病予防注射の時期です。
今年分の小平市の集合注射は もう終わってしまっていますし、全国的にも集合注射の終わっているところが多いですね。
そうなると、動物病院で受けることになります。
動物病院も まあたくさんあるんですが、当院がオススメしたいのは、「手続きが病院で完了する」病院。
というのも、「注射は病院で打つけれど、手続きは自分でやってね!」というスタイルの病院さんもあるんですが、この手続きというのがとにかく面倒なんです。

だいたいは、市役所や保健所に窓口があるのですが、まずどこが窓口なのかよくわからない。
というか、そういうところって、そもそもやってるのは平日のみ、朝の9時から夕方5時で融通は効かず、さらにいうとお昼休みはきっちり1時間、その間は対応してくれない…のが普通ですよね。
さらに、間違った窓口へ行こうものなら、犯罪者を見るような目で「うちじゃありませんから」とけんもほろろ。
じゃあどこへ行けばいいですか?と聞いても、「うちじゃありません」の一点張り。
やっと正しい窓口へたどり着いたと思ったら、同じように狂犬病予防注射の手続きをしようとする飼い主さんで大行列、いったい何時に手続きが終わるやら…ああもうすぐ保育園のお迎えの時間…せっかくの有休なのに…

なんてことにならないために。
手続きを代行している病院がおすすめなんです。

当院はもちろん、お手続きを代行しています。
みなさまのご要望にお応えして、小平市だけでなく、小金井市も代行していますから。
みなさんは、ただ連れてきていただくだけで大丈夫なんです。
おハガキがあるほうが 話は早いのですが、なくても対応していますので ご安心を。
切手代だけ ご負担いただければ、ご自宅への郵送も対応しています。
つまり、当院まで取りに来ていただく必要すらない ということなんです。

実は、さらにいいことがまだあるんです。
当院で注射をしますと、カルテに記録が残ります。
ペットホテルやドッグラン、外国にわんちゃんを連れていくときなど、意外に済票ではダメ、紙の証明書が必要です…という場合は多いのですが、そんなときにも記録があれば、証明書をすぐに発行できます。
これが、公園での集合注射や 病院さんによっては、市役所へ行けだの、いや保健所へだの、いやいやうちでは証明書の発行はしてませんから諦めて…なんて、揉めることも多いもの。

手間なく、あとあとの面倒もなく、サクッと狂犬病予防注射を終わらせて、憂いなくゴールデンウィークを楽しみたいあなた。
当院にお申し付けください。
ゴールデンウィーク中、他のわんちゃんやちびっ子にしつこくしつこくからまれ、たまらず歯を立ててしまった…なんて事故もよく聞きます。
血が出たんですけど病院がやってないんです、先生どうしよう!と駆け込んでくる方も。
そんな事故があったとき、咬んでしまった子がもし狂犬病予防注射をしていなければ…
わんちゃんは殺処分、飼い主さまも傷害や狂犬病予防法違反などの罪に問われるといった事態だって、充分ありえるんです。

どうせ打つなら、ゴールデンウィーク前であまり混んでいない いまがチャンス。
狂犬病予防注射は、手間なく、憂いなく。
あなたのご来院、お待ちしています。