読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、栗本動物病院です。

東京都小平市の栗本動物病院です。ときどき更新しています。

獣医師 になりたいあなたへ

2017年です。
獣医師のみなさん、22条の届出の締め切り、もうすぐですよー!

 

さて、新年最初の記事は 求人のお知らせ。
当院で、4月からともに働ける獣医師、看護師さんを募集いたします。

 

2月になれば、国家試験がもうすぐ。
6年生は、いままさに追い込みの時期ですね。
国家試験にさえ受かればこっちのもの、「先生!」なんてよばれてちやほやされて、えへへへへ…
今どきまだそんな勘違いをしている学生さんはもう少ないかもしれませんが、
獣医師というのは 国家試験にさえ受かればいいというものではありません。
試験に受かったところが スタート地点なんです。
スタート地点では、みんなまだ ただの「免許を持った人」。
そこから、獣医師となり、成長していくのには、たくさんの経験を積んでいかなければなりません。

 

当院では、経験をどんどん積んでいけます。
診察ができまーす!という病院さんは たくさんありますが、当院はひと味ちがいます。
診察 とひとくちに言っても、飼い主さんやどうぶつたちの訴えをきちんと聴けているか?口に出さないような ちょっとした気がかりに気づけるか?治療方針を押しつけていないか?…
ありとあらゆることに気を配り、常に最新の情報を勉強し、そしてそれを最大限に活かす。
診察 って、ほんとうに奥が深いんです。

 

臨床は、手の届く範囲がとても狭いです。
何万匹もの子を助けられるような すごい薬を作れるわけでもなければ、
いま辛い目に遭っていたり これから遭ってしまう何千、何万匹もの子たちを減らせる素敵な法律を作れるわけでもありません。
一生頑張り続けても、この手で何かしてあげられる子は、きっととても少ない。
だから、目の前の、手の届くこの飼い主さんとこの子にはこの治療がベスト!と、あなた自身が 自信を持って言えるレベルにまで育ってもらいたい。
当院はそう考えています。

 

「先生にみてもらえてよかった」
あなたには、そんなふうに言われる「獣医師」になってほしい。
そのために必要なのは、ほんものの経験値です。
当院には、それがあります。
「免許を持ってるだけの人」を、そろそろ卒業しませんか。

新卒、既卒、問いません。

わたしたちとおなじ熱量で、飼い主さまやどうぶつたち、そして 小動物臨床というものに向き合えるあなたと働きたいのです。

 

f:id:kurimotoah:20170112200616j:image

看板犬のオシンコと 看板猫のギャルコも 大歓迎いたします☆

…たぶん。

 

ご応募はもちろん、まずは見学してみたい…という方も。
話を聞いてみるだけ、でもかまいません。
042-323-4567 まで、一度 お電話ください。
お待ちしています。