読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、栗本動物病院です。

東京都小平市の栗本動物病院です。ときどき更新しています。

避難への備え。ごはんの備蓄、してますか?

生活の基本とされる 衣食住のうち、特殊な場合をのぞき どうぶつたちが必要とするのは食と住。
住 編だった前回に引き続き、万が一への備えのおはなしです。

ごはんの備え、していますか?
腎臓や肝臓の弱い子や、石のできやすい子など、ふだんから処方食を食べている子はもちろん、そうでない子も。
ごはんの備え、実はとっても大事なんです。

災害時はもちろん、年末年始や お盆など、物流がいつもより滞りがちな時期。
ペットフードは、わたしたち人間のためのものに比べて、どうしても優先順位は低くなります。
こういったときは、それでなくても 非日常になってしまいがちですから、せめてごはんだけでも 日常を。

また、どうぶつたちは、わたしたちとは違い、いつも同じものを食べるような身体のつくりになっています。
今日はA社のカリカリ、明日はB社のパウチで明後日はC社の缶…と、短いサイクルで食べるものがどんどん変わるような食生活は、実はとっても負担なのですね。
ずっと同じじゃかわいそう、と思われるかもしれませんが、それが一番どうぶつたちの身体に優しい食生活なんです。
非日常のなか 食べなれないものを食べることで、吐き気や下痢など おなかの具合がおかしくなるかもしれません。
そうなったとき、避難先や 年末年始では、いつもの先生に診てもらえるかどうかも、いつものおくすりがもらえるかどうかもわかりませんよね。
吐き気や下痢が続くと、全身のミネラルバランス、イオンバランスが崩れます。
身体のなかが、熱中症に近い状態になることも。
そうなると、命に関わることもあるんです。

せっかく同行避難したのに、せっかく楽しい年末年始なのに、そんなことになったら悲しいですよね。
そうならないためには、いつものごはんを少し多く 手元に確保しておくこと。
具体的には、未開封のごはんを 常にひとつ以上持っておくのが安心です。

当院では、ごはんの直送も承っています。
当院があなたの子のために処方した いつものごはんが、メーカーさんから 直接おうちに届きますから、新鮮で安心。
古いものをあげたくないから…と、ごはんの買いだめをしない派の方。
お店の倉庫で長く眠っていたようなごはんより ずっと安心できますよ。

年末年始が近くなると、メーカーさんの在庫も少なくなります。
確保しておくなら、いまのうちに。
受診なしでも、ごはんのご注文をいただけます。