読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、栗本動物病院です。

東京都小平市の栗本動物病院です。ときどき更新しています。

避難への備え。ケージのおはなし

地震の相次ぐ日本です。
地震そのもので傷ついた人も、避難や関連したあれこれで傷ついた人も、そしてそのどうぶつたちも。
心や身体が、少しでも楽に、そして早く治るといいなと思います。

考えたくない万が一だけど、備えておいたほうがいいもののひとつに、ケージがあります。
クレート とか キャリー などとよぶ人もいますね。
これは、普段使いもできるものなので、銀色の非常持出袋などとは違い 備えてます!感があまりないのもいいところ。
さらに、ヘルメットなどと違い、普段使いしても劣化していかないのも 魅力です。

この ケージ、ざっくり分けると ハードとソフトに分けられます。
ハードケージは、形が変わらないもの。
ソフトは、いわゆるかばんやスリングのように、柔軟に形を変えるものです。
中でも、災害に備える という目的では、当院のオススメはハードケージ。
バリケンネルなどの ブランド品でなくても、IATAイアタ という基準を満たすものなら、国際線の飛行機などに乗るときも使えますし、一定の品質が保証されるので 安心です。
ソフトは、肩からかけて抱っこのスタイルで、抱っこの好きな子などはとてもいいのですが、自立しないものも多いし、どうぶつのためのパーソナルスペースを確保できないので、災害に備える用途なら あまりオススメはできません。

そして、買うだけ、持ってるだけ ではなく、ケージは使って慣らしておくことで 最大の効果を発揮します。
というのも、ケージというのは、本来どうぶつたちを閉じ込めておくものではなく、パーソナルスペースを確保してあげるためのもの。
どんなに仲のいい家族でも、ひとりになりたい時間って ありますよね。
24時間365日ずーっと一緒 というのは、気が詰まってしまうと思います。
そんなときに ひとりになれるスペース。
それがケージです。
叱られて落ち込んだときも、新しいイタズラを考えるときも、見慣れないお客さんからちょっと距離を置きたいときだって。
逃げ込める場所、とりあえずここにいれば安心な場所。
どうぶつたちも、そんな場所が必要なんです。

ケージを手に入れたら、閉じ込めてはいけません。
ここはボクだけの安心な場所 と教えてあげてください。
それにはたとえば、中に好きなおもちゃを入れてあげたり、ごはんやおやつを食べさせたり。
その子が安心して、落ち着いていられるようにしてあげれば、そのうち自分で好きなときに入っていくようになります。

ケージの中で静かにジッとしていられる子は、同行避難もしやすいもの。
同行避難だけでなく、日常のいろんな場面で そのありがたみを噛みしめることは多いと思います。
それには、日ごろから、ケージの中にいるのはいいこと、落ち着くこと と教えてあげるのが一番です。
避難したときに、日常から大きく離れるのが 最大のストレスなんだと言っている人がいました。
ケージは、持ち運べる日常です。
防災のため、避難に備えて… だけではなく、もっと気軽に使ってほしいなと思います。

また、ケージはサイズ選びも大切です。
サイズ選びの基準は、中で余裕をもってクルッと回れる大きさがベスト とされていますが、
大きすぎも、実はあんまりよくないんです。
広いスペースを確保してあげたいからと、チワワちゃんやトイプーちゃんに ラブちゃんなど大型犬用ケージを使わせるのは、かえって落ち着かないのでオススメできません。

ケージって、ほんとうはわんちゃん、ねこちゃんのためになるものです。
「いくら避難のためだって、あんなせまい箱に閉じ込めるなんて…かわいそう」とおっしゃる方もいるのですが、
ほんとうなら よろこんで入っていくもの。
わんちゃん、ねこちゃんの習性ですから、性格 とか 生活スタイル とは、関係ないんですね。
もし、そうでないのなら、ケージの使い方を間違えているかもしれません。
ケージを嫌がる子は、いま一度 使い方を確認してみてください。
閉じ込めるような使い方をしていませんか?
思い当たる方は、まずは ケージが嫌な場所でなく、落ち着くところだと教えてあげるところから始めましょう。

ケージに入れる子は、病院の受診もしやすいですよね。
結果、病気が早く見つかり、手が早く打てることも。
いろんな 万が一 に備えましょう。