読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、栗本動物病院です。

東京都小平市の栗本動物病院です。ときどき更新しています。

なにが違うの?混合ワクチン

ワクチンを打とうと 小児科に予約を入れるたび、熱を出すタイプの子どもがいます。
はやめに2回目を打たないとならないワクチンが いくつかあります。(="=;;;;

さて、そんな ワクチン。
わんちゃんやねこちゃんにも ワクチンはあるのですが、ヒトとは少し違います。

何より大きな違いは、狂犬病のワクチン。
これは、接種することが法律で義務付けられています。
つまり、打ちたくない とか、高いから打てない とかは通らないということ。
法律で定められた予防注射ですから、生後3ヶ月以上の年齢のわんちゃんを飼っている限り、年に一度この注射を必ず打たなければいけないのです。
打たないでいれば、狂犬病予防法違反。
法律違反をしているのですから、盗みやひき逃げと同じです。

いっぽう、混合ワクチンというのもあります。
ほとんどの動物病院では、狂犬病より高く設定されていますが、病院によっては「ワクチンバリューパック」などの名前で 狂犬病ワクチンと合わせてのコミコミ価格を設定しているところも。
この 混合ワクチン、種類がいくつもあって とてもわかりにくいんです。
予防できる病気で いろいろ分かれるのですが、ヒトのインフルエンザと同じで、A型インフルエンザのワクチンを打っていても、B型インフルエンザにはかかってしまうとかいうことが起こり得ます。

そんなわけで、いろいろあって複雑な 混合ワクチン。
当院では、わかりやすくこんなふうにしています。

【わんちゃん】
水辺に行く子は8種、行かない子は6種をお勧めしています。
水辺に行くかどうか…は、レプトスピラという病気の予防が必要かどうか ということ。
これは、池や湖など、水辺にいる・水を介してうつる菌が原因の病気で、ヒトにもうつる病気なんです。
キャンプが好きなご家族だったり、お散歩コースに池があって 夏には飛び込んで泳いだり、なんて アクティブなライフスタイルの子は、予防したほうが安心な病気です。
でも、ワクチンに反応する・しないがレプトスピラの有無で分かれる子も多いのも 経験的事実ですし、
リーズナブルといわれる当院でも8000円、病院さんによっては 1万円超え。
レプトスピラがあるだけで、だいぶお高くなります。
ライフスタイル的に 必要な子はもちろん打つことをお勧めしますが、まったく必要ないのに 打たなくてもいいのでは… というのが、当院の考え方です。
なので、水辺に行く機会のある子は 8種。そうでなければ、6種がお勧めです。

【ねこちゃん】
家から出ない子は3種、出かける子は5種をお勧めします。
事故や望まない妊娠、ケンカでケガをしたり おかしな人に誘拐されたり、寄生虫症になってしまったり。
外へ出る猫ちゃんには、本来背負わなくてもいいはずだった 様々なリスクがあるので、当院は基本、猫ちゃんには終生室内飼育=家から出ない生活をお勧めしています。
でも、もともとノラちゃんだったり、一度でも逃げだして外の世界を知ってしまった子は、どうにかして家から出ようとするもの。
そんな子には、少しでも心配を減らせるよう、5種ワクチンをお勧めします。
3種になくて 5種でだけ予防のできる病気は、すでに病気をもっている他の猫ちゃんからうつされて かかる病気ですから、
病気をもっている猫ちゃんと触れ合う機会のない子は ワクチンで予防する必要はない というのが、当院の考え方。
お出かけするなら、安心のために5種。しないのなら、3種でじゅうぶんなんです。

くわしーく語りだすと、ほんとうに奥の深い ワクチンの世界。
当院のおすすめ という切り口で さらっとお話ししてみましたが、すこし わかりやすくお伝えできたでしょうか。
どれにしたらいいかな?と 迷ったら、お気軽にご相談くださいね。
あなたのお電話、お待ちしています。