読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、栗本動物病院です。

東京都小平市の栗本動物病院です。ときどき更新しています。

探しものは何ですか?見つけにくいものですか??

シルバーウイークを満喫している…とおぼしき人々を横目に、引っ越しを満喫している1号です。
みなさま、いかがお過ごしですか。

雨のたびに気温が下がり、体調を崩してしまう方も増えているようです。
某国では、もうそろそろ初雪の時期。
ながーい冬がきます。

ですが。
油断してはいけません。
こわーい虫…そう、蚊はまだまだ活動中なんです。

製薬会社が調べたところ、フィラリア対策をまったくせずに、 かかってしまったという子は もう現代では少数派なのだそうです。
ほとんどの子が、おくすりを飲み忘れたり、飲んだふりをして吐き出しているのに気づかなかったり、
予防の効き目がない状態で フィラリアの幼虫をもった蚊に刺されて、感染してしまっているんですね。

なかでも、いちばん忘れやすいのは 後半の数回。
蚊を見かけなくなってからもう1ヶ月飲む、というのを忘れてしまって、フィラリアにかかってしまうというのが とても多いんです。

当院の地域は、東京都でもとくに自然豊かな どうぶつたちにとっていい環境です。
ですが、それは同時に、蚊にとってもいい環境。
コンクリートジャングルの地域より、明らかに蚊が多いですから、フィラリア対策は、ぜひ万全にしてください。

当院では、4-5月には飲み始め、10-12月に飲み終わるのをお勧めしています。
飲み始めが月の上旬か、下旬か、お家がお庭のある一戸建てか、高層マンションの上階か、お散歩好きのアウトドア派か、おうちでのんびりのインドア派かなど、いろいろな理由で 飲み終わりの時期は違いますが、少なくとも7ヶ月は飲ませていただくほうが安心です。

飲ませやすく シェルティちゃんやコリーさんも安心な錠剤、おくすりを飲むのが苦手な子のためのおいしいジャーキー、飲ませるのではなく皮膚につけるタイプと、各種揃っていますが、
大切なのはとにかく 飲み忘れないことです。
しかも、最後が肝心ですから、お忘れなく。

春先にまとめてお出ししたおくすりが、なぜか見当たらない…。
そんなご相談を受けることがあり、記事にしました。
ないはずないのに、なぜかない。
そういうこと、ありますよね。
切らすよりは、追加を取りに来ていただいたほうが安心ですよ。
期限が大丈夫なら、大掃除のときなどに見つけたものは 来年また飲めますしね。
(来年が検査の年の子は、検査してから飲んでくださいね!)

…実は、1号もここ数日 物干し竿がなくて困っています。
170cmくらいあるやつが2本まとめてあって、ぜったい運んだし ぜったいここに置いたはずなのに、なぜかない。
あの大きさでなくなるはずないのに、どこにもない。
探しものは物干し竿、見つけにくいものではないはず、かばんの中や机の中に入る大きさではないんですが…
にんにく にんにく(なくしたものが出てくるおまじない)…