読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、栗本動物病院です。

東京都小平市の栗本動物病院です。ときどき更新しています。

爪切り、その前に!アレがあると安心です☆

毎日毎日蒸し蒸し暑い!

そういえばうちの子ちょっと臭うのよね、毛玉もあるし

だからって洗うのも嫌がってたいへんだし、よけい暑くなりそうだし…

そうだ、トリミングにでも出そうかな

というわけで、当院トリミングサロンはただいまフル回転。
トリマーチームの補助をしたり、診察に掃除、お電話、片付け…
毎日大忙しの 当院スタッフです。

実は、こういう 暑くなりだしたころというのは、お家でトリミングに挑戦して出血!という事件が とても多いんです。
深爪してしまったり、バリカンやハサミで 皮膚を引っかけてしまったり。
「せ、先生!血が!止まらないんです!」
パニックになって電話をかけてこられる方、たくさんいらっしゃいます。

深爪して、血がなかなか止まらないとき。
ふるーい飼育の手引き書なんかを読むと、血が出ている箇所を火のついた線香や ライターであぶったスプーンで止血しなさい、なんて書いてあったりします。
…いやそりゃ 確かに うまくできれば血は止まるでしょうけど、そんなの プロのわれわれでも あんまりやりたくないというか……(="=;;;;;
そんなとき、実は 片栗粉で 血止めができます。
動物病院やトリミングサロンにある 血止めのパウダーとは違って、血管をキュッと収縮させて止血を助けたり 殺菌したりといった効果はないので、止まるのはやっぱり遅いのですが、ないよりはマシですよね。

深爪をしてしまったときは、まず爪の根元をキュッと押さえます。
足の甲に手のひらを載せて、そのまま手首を返し 足の裏の肉球が自分のほうに向いた状態で、
親指を使って 出血している爪をしっかりはさんで押さえましょう。
これは 圧迫止血の一種。
押さえてすぐは、ポタポタと数滴ほど血が出ますが、すぐに止まります。
止まったな、と思ったら、深呼吸を2回。
その後、片栗粉をつけて もう一度深呼吸。
これで、たいがいは止まります。
止まらない場合は、キュッと押さえる力が足りないので、しっかりと押さえ直して 深呼吸からもう一度。
チワワちゃんくらい小さい子でも、押さえる人間の指先が 白くなるくらいの力を入れて押さえてください。
しっかり押さえると、実は痛みも感じにくくなるので、思いきってキュッと押さえてあげてくださいね。

おうちで深爪してしまったり、爪が折れてしまったら、パニックになるまえにこのやり方でまず 圧迫止血。
それでも止まらないときは、片栗粉を使ってみてください。
爪切り中のウッカリ深爪は、しばらく様子を見ても大丈夫ですが、
爪が折れたときや、傷口が汚れてしまったときは、早めに一度ご来院ください。
場合によっては、おくすりも必要になるかもしれません。

折れる前に、血が出るほど伸びる前に、爪切りしてあげたいですよね。
でも、そうはいっても深爪が怖いし…
動物病院で使っているような止血パウダーって、小分けのはないし…
そんなときに、片栗粉のこと 思い出してください。
それでも、やっぱりどうしても自信がない!というときは、当院へ。
ご予約不要で すぐにキレイに爪切りします。
あなたのご来院、お待ちしています。