読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、栗本動物病院です。

東京都小平市の栗本動物病院です。ときどき更新しています。

夏の大やけどにご用心。アレを見逃していませんか!?

暑い日が続きます。
日中 あまりの暑さに、我が家のチワワも グッタリ伸びていました。
こんなにも暑いというのに 超強力スチームの パワフルアイロンを手に入れてしまった1号。
こちら 取っ手が取れる♪ティファールの出している イージープレシングという機種で、引金を引くだけで ワクワクするほど 大量のスチームが出てくれるので、
コットンだろうが リネンだろうが、タテ型の洗濯乾燥機でついたチリチリのズボンのすそや 一日折り返して着ていたシャツの袖だって、ビシィッとシワが伸びる逸品。
これでアイロンをかけたシャツの感じがあまりによくて、ついついすぐまた袖を通しては また洗濯してアイロン…の無限ループです。

さて。
こう 急に暑くなってくると、昼間の暑さを避けて 朝晩に散歩をする方も 多いのですが、
特に夕方 かわいそうな子を見かけることが増えてきました。
それは アスファルトによる 足の裏のヤケド。

日中、太陽に照らされ続けたアスファルトは、日が落ちてすぐは まだ暑いんです。
真夏の海水浴場で、砂浜を裸足やビーチサンダルで歩き、「アッツ!熱!地面が熱ーい!」と なったことはありませんか。
あれと同じことが 夕方のアスファルトを歩くわんちゃんの足の裏にも起こっているんです。
靴を履く私たちは 気づかないのですが、わんちゃんたちは裸足。
肉球が靴の代わりをするとはいえ 体の一部ですから、あまりに熱いアスファルトを歩くと ヤケドしてしまうんです。
一緒にお散歩していると、意外なほど 歩き方がいつもと違うのに気づきません。
アチチ!となっていないか、少し気にして見てあげてください。

そして、アスファルトが熱いだろうからと すっかり日が暮れてからお散歩する方も、マンホールの蓋は見逃しがち。
金属なので 気温が下がれば早く冷めると思いきや、周りのアスファルトがアツアツだと 冷めにくいものも。
熱いのなら自分で避けるだろう…と思いきや、匂いを嗅ぐことに集中していると、ついついマンホールを踏んでしまって ヤケドする子がけっこういます。

太陽に一日照らされたマンホールの蓋や アスファルトは、アイロンと同じ。
わんちゃんがウッカリ踏んで 大やけどをしないように、気をつけてあげてくださいね。

万が一の ヤケドのときは、当院にご相談ください。
ヤケド していなくても、お散歩の途中 涼みにお立ち寄りいただけます。
あなたのご来院、お待ちしています。