読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、栗本動物病院です。

東京都小平市の栗本動物病院です。ときどき更新しています。

おそろしい虫にご用心!対策はこちらから☆

子どもの耳に 巨大な赤いデキモノができてビックリ仰天した1号。
かかりつけの先生に相談したら、アッサリ「虫刺されです、蚊でしょうね」と…。
乳幼児は、蚊に刺されて ビックリするくらい腫れることがあるんだそうです。
塗り薬で アッサリと良くなり痕も残らず 一件落着。
ひと安心しました。

この時期、どうしても 虫刺されが多くなってきます。
中でも、大問題になるのが ノミとダニ。
どちらも、こわーい病気をうつすばかりか、それ自体が ものすごく痒くてたいへんなんです。

ノミは、ノラ猫ちゃんには ほぼ間違いなく付いています。
ノラでなくても、外へ出る子は 対策をちゃんとしてなければたいがいノミが付いています。
わんちゃんも、公園や野原など 自然に触れる機会のある子は、付いてしまう可能性があります。
一度、家に入り込むと、しつこくしつこく残るので、お散歩に少しでも出る子は 必ず対策を!

わんちゃんや猫ちゃん経由でノミが家に入り込み、飼い主さまにつくと、ノミアレルギーを発症することがあります。
ものすごくかゆいだけでなく、皮膚がブッツブツになり、痕が残ることが多いようで、「夏だけど恥ずかしくて脚が出せない」とおっしゃる方 とても多いです。
恥ずかしい どころか、「自分の脚だけど気持ち悪くて、視界に入れたくなくて、履かざるをえない」とまで おっしゃる方も。
暑いのをがまんして 真夏に長ズボンやタイツを履くはめになるの、つらいですよね。

また、ダニも この時期おそろしい虫のひとつ。
わんちゃんや猫ちゃんが 公園などの野外から持ち込んでしまうダニは、カーペットなんかに付いているようなダニとはちがい、
さまざまなおそろしい病気を媒介する マダニ というダニです。
家の中などにふつうにいるダニとはちがい、大きくてしつこいマダニは、一度噛み付くとと 1週間くらい噛みつきっぱなし。
時間をかけてじっくりと血を吸い、代わりにおそろしい病原体をうつすことがあるんです。
しかも、無理やり引き剥がすと、噛み付いた口の部分が 残ってしまうことも。
そこからばい菌が入り込んだり、また別の病気になったりと、ダニに噛まれたことで どんどん負のスパイラルにはまることが とても多いんです。
マダニは、たくさんのおそろしい病気を媒介しますが、中でもSFTSという病気が 最近大きな問題になっています。
これは、死んでしまうこともあるのに、治療法のまだない病気。
狂犬病とおなじなんです。

このような、おそろしい病気から 家族を守るため、
ノミ・ダニ対策は、動物病院で きちんと処方してもらいましょう。
やっっすいけど 効果は微妙なもの 使っていませんか?
並行輸入品や首輪、ウエア、アロマなど、怪しげなもの 使っていませんか?
せっかくお金や手間をかけるなら、ちゃんと効果のあるもの 使いたいですよね。
効果のあるかないかわからないものを、皮膚に付けたり飲ませたり…それって、なんかおかしくないですか?
大切な家族だからこそ、信頼できるものを 使ってあげましょう。

信頼に応えたい。
あなたのご来院 お待ちしています。