読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、栗本動物病院です。

東京都小平市の栗本動物病院です。ときどき更新しています。

狂犬病予防接種は当院で。なぜなら…

桜、咲きましたね!!!
後輩たちからも、続々と合格の知らせが届いている 今日このごろ。
春からの新生活に向けて、ますます気合いが入ります。

さて、春といえば 狂犬病予防接種の時期。
そろそろ、市区町村から おハガキの届いた方も いらっしゃると思います。
この狂犬病予防接種、「狂犬病予防法」という法律があるために、 いろんなお手続きがつきもので、
注射を受けた後は 役所に行って右往左往したり 待たされたり…という手間がかかります。
でも、年度替わりのこの 忙しい時期に、有給取ってそんなことやってられないよ!という方のために、当院では、お手続きの代行を承っております。 
当院へ おハガキを持ってご来院いただくだけで、飼い主さまにしていただくことはおしまい。
あとは、当院ですべて終わらせておきます。

ところで、この時期かならず受けるお問い合わせが、「集合注射と病院でしてもらう注射ってなにが違うの?」です。
答えはシンプル、
「病院での注射のほうが、わんちゃんにより優しい注射です!」

集合注射というのは、公園などに地域のわんちゃんをたくさん集め、獣医師会の先生方が片っ端からとにかくどんどん注射を打っていくというもの。
要は 人海戦術、効率最優先です。
先生方も 診療をお休みにしたり 代診の先生に任せてきたりしているので、早く終わらせたいと とにかくスピード重視ですから、健康チェックも何もないんです。
さらに、集合注射では 早く終わらせるために、太い針を使うところもあるようです。
すごいところでは、ピアスの穴開けに使うような針を使うところもあるという話を聞きます。

いっぽう、動物病院で受ける注射は、ふつうの診察と同様 問診をしたり、聴診をしたりした上で、健康に問題がない場合に打つ というもの。
当院では、体重測定や一般身体検査も 合わせて行っているので、爪が長いとか、手足にちょっとした皮膚炎があるなど、注射を受けるには問題がないけれど、あまり放っておかないほうがよさそうな場合にも お話ししたうえで アドバイスを受けていただけます。
また、当院で予防接種に使う針は、人間の赤ちゃんに使うような 細い針。
最小限の痛みで 注射を終えられます。
 
ちなみに、これだけ違うのに、注射を受ける料金は、集合注射も 当院も 基本的には同じなんです。
再診料も、注射がメインの場合 基本的にはかかりません。
済票のお代をお預かりするので、手続き代行のない病院さんと比べると 高いと感じるかもしれませんが、結局その差額分は 役所で済票発行料として払うので、かかる金額は同じです。
当院の窓口でまとめて払って一度で済ませるか、動物病院と役所とに分けて、手間をかけて払うか…の違いだけなんですね。

狂犬病予防接種を受けさせるのは、義務教育などと同じように、法律に規定された 飼い主の義務です。
でも、そのために手間をかけたり わんちゃんに必要以上に痛い思いをさせるのは嫌ですよね。
そのわがまま、当院が叶えます。
混み合うまえに、ご来院ください。

あなたのご来院、お待ちしております。