読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、栗本動物病院です。

東京都小平市の栗本動物病院です。ときどき更新しています。

引っ越し、ペットはどうしよう…?やるべきことがあるんです!

いよいよ 3月ですね。
年度末で忙しい方も、4月異動の内示を受けて大慌て…の方も、みなさま お疲れ様ですm(__)m
当院も 大好評の健康診断キャンペーンのおかげで、大忙し。
診察や 飼い主さまとお話しする時間は 削れないけれど、少しでも お待たせする時間を少なくするために。
何十年経っても 試行錯誤を重ねています。

さて、異動といえば お引っ越しですね。
引っ越しに伴う 転院がある方は、ぜひ一度 かかりつけの先生にご相談ください。
獣医師というのは 6年通う分、縦横のつながりが強いので、ネットワークが全国展開な先生が多いんです。
引っ越し先の近くで いい病院を紹介してもらえるかもしれませんよ。
ちなみに、当院院長と奥さん先生は、 卒業生どうしがずっと仲良しなことでも有名な 北里大卒。
全国に散らばった卒業生どうしで、卒後●年経っても 飲み会を開催するほど 仲良しなので、症例の紹介や 転院もしょっちゅうなんです。
関東だけでなく、全国にネットワークがありますから、お引っ越し先が遠くてもお気軽にご相談くださいね。

それと同時に 忘れてはいけないのが、診断書や通院記録をもらっておくこと。
人間の病院で 診断書を発行してもらう場合、ほとんどの場合 文書料といってびっくりする金額がかかりますが、動物病院で 引っ越しに伴う転院の場合、病院によって考え方はいろいろなので、一概にはいえませんが、ほとんどかからないか かかっても人間ほどでない病院がほとんどです(1号調べ)。 
いま現在 通院して治療している子は、診断名や検査の内容、結果、処方など、すべてが新しく診る先生にとって とても大切な情報ですから、必ずもらっておいてください。

診断書 といっても、うちの子健康だから…という方は、ぜひ通院記録を。
例えば 特定の薬が合わない体質だとか、ペットホテルに預けると必ず数日後に 体調を崩すとか。
引っ越しで バタバタすると、どうしてもわんちゃんねこちゃんの体調の変化を 見逃しがちです。
診察時間が終わる ギリギリに病院へ駆け込んだり、夜間救急にかかるはめになったとき、通院記録があると わたしたち獣医師も 安心して診察・処方ができます。

落ち着かないし何かと大変な 引っ越しですが、すべてが片付いたあとの達成感というのは、独特なものがありますよね。
国内引っ越しはもちろん、完全自力での国際引っ越しを 2度ほど経験しましたが、持ち物を見直すいい機会だったと思います。
…遠く 過ぎたことなので 言えることではありますが。(="=;;

当院は、どうぶつを連れてお引っ越しされる方の味方です。
お引っ越し当日 急遽預かって!にも、できるだけ対応しますので、パニックになりそうになったら まずは 042-323-4567 へご相談ください。
また、夜中に急な体調不良!の場合には、03-5941-2552 へ。
当院提携の夜間救急病院が、救急車でおうちへ駆けつけます。

引っ越し先で、小さな家族も 新生活を。
新たなご来院も 大歓迎です。