読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、栗本動物病院です。

東京都小平市の栗本動物病院です。ときどき更新しています。

病院嫌いな猫さん、裏ワザがあるんです!

今日も今日とて 風邪っぴき。
ここしばらく スカッと元気な日がない 代診1号です。

風邪に被せて花粉が舞いだした 今日は、ニャンニャンニャンで 猫の日ですね。
当院は、院長一家が長く猫さんと暮らし続けていることもあり、猫さんフレンドリーな病院を自負しているんです。
猫仲間に教えてもらったから…と、離れたところからわざわざ来てくださる方も 多いんですよ。

そんな当院、「大暴れして他の病院で断られてしまって…」とか、「麻酔をしないと診察できないと言われたんです…」なんて方から ご相談をいただくこともよくあります。
そんなとき、当院がまずおすすめしているのが 洗濯ネットに猫さんを入れることなんです。

実は、猫さんは洗濯ネットが大好き。
身体に布地が触れていると、安心できるといわれています。
取り込んだ洗濯物にダイブする猫さんや、おふとんにもぐりこんで出てこない子 いますよね。
猫さんが安心できる状況を作ってあげると、診察しやすくなるんです。

目の粗いものより、詰まり気味のもののほうが、視線が遮られるのでより安心できます。
袋に閉じ込めるなんてかわいそうでは?と心配になるかもしれませんが、裸で病院に来るよりも 実は安心できて快適なんです。
きっちりぴったりおさまるものではなく、すこし大きめの洗濯ネットに入れてあげてくださいね。
ちなみに、同じ布地でも、身体の一部に引っかかったり 締め付けられたりするお洋服は、嫌いな子が多いので 要注意。
大きめの布地に包まれる というのが ポイントなんです。

バスタオルなどでくるんであげるのも 悪くないのですが、タオルから飛び出してしまうと 落ち着かせるのがたいへん。
なので、飛び出す心配のない 洗濯ネットがお勧めなんです。

いつもおうちでは穏やかな子でも、車に乗ったり病院でわんちゃんの声を聞いたりと ふだんと違うことがあると、パニックになるかもしれません。
猫さんの安心にもつながりますから、病院の苦手な子も そうでない子も ぜひ洗濯ネット 試してみてください。

あなたのご来院、お待ちしています。