読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、栗本動物病院です。

東京都小平市の栗本動物病院です。ときどき更新しています。

クライオサージェリー(冷凍手術)について

みなさま、昨日の ためしてガッテンは ご覧になりましたか?
昨日は シミ特集 ということで、お年頃の1号 かぶりつきでガン見しておりました。

シミには、いわゆる日焼けのあとのシミ・ソバカスといった、そんなに怖くないものもありますが、中には 皮膚がんの一種かも!? というものもあり、注意が必要…ということで、
見分け方や もし見つかった場合の対応などを特集していました。
その中で、初期のうちに皮膚腫瘍が見つかった場合の対応のひとつとして挙がっていたのが、クライオサージェリー(凍結手術、冷凍手術)です。
これは、液体窒素 というマイナス200℃近くなる液体を 腫瘍につけて取ってしまう…というもの。
簡単にいうと、腫瘍の部分だけを凍傷にさせて取ってしまうという方法です。

実は、当院はこの クライオサージェリー という方法を、かなり早くから取り入れています。
麻酔をかけなくていいし、皮膚を切開する場合よりは痛みもすくなく、費用も時間も抑えられるので、どうぶつにも飼い主さまにも 負担が軽い治療 ですのでね。
皮膚に気になるシミや デキモノがある…という方は、ぜひ一度 ご相談ください。
麻酔をかけて手術 しなくても済むかもしれませんよ。

ただし、押さえるのが難しいほどの大暴れん坊や、痛みにものすごく弱い子、皮膚のデキモノがすごく大きかったり、目や鼻のそばにあるものだったり、悪性の場合には、クライオサージェリーでは太刀打ちできない場合もあります。
まずは、ご相談いただければと思います。

あなたのご来院、お待ちしております。