読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、栗本動物病院です。

東京都小平市の栗本動物病院です。ときどき更新しています。

季節の変わり目、急な体調不良にご用心

ティッシュをここ数日間で4箱、空にしました。
風邪っぴきの代診1号です。
子どもからうつされる風邪って、なんでこんなに重症になるんでしょう。
そして、どうして保育園児というのはああもしょっちゅう風邪を引いてくれるのでしょう。
(="=;;;;;;;;

さて。
わたしたち人間が風邪を引くように、わんちゃんねこちゃんも風邪を引きます。
人間の風邪の原因は、そのほとんどがウイルスなんだそうですが、わんちゃんねこちゃんも同じ。
(※ただし、原因ウイルスの種類が違うので、人間の風邪がどうぶつたちにうつる可能性はないとされています)
ウイルスにやられて弱ったところにつけ込んで、常在菌といってふだん何もしないような菌がひと暴れすることもあるのですが、
最初に悪いことをやりだすのはほとんどがウイルスなんです。

人間の風邪予防には、手洗い・うがい・咳エチケットなんていいますが、わんちゃんねこちゃんには難しいですね。
そんなときは、部屋を加湿するだけでも、ウイルスの活動性はかなり落ちるといわれています。
加湿器は、どんなものでもかまいませんが、厚労省のインフルエンザQ&Aウェブページによれば、部屋の湿度が50-60%に保たれるだけでかなりの効果が見込めるようです。

また、混合ワクチンも風邪予防には有効です。
正確には、風邪のような症状が出る、一部の伝染病の予防、という言い方になります。
こういった「予防できるのに、してなかった」病気は、お散歩仲間うちで流行ってしまったり、ドッグランでみんながうつってしまったりすると、なんだかきなくさい空気になりがちです。
積極的に他の子に絡みにいく子はもちろん、そうでなくてもわんちゃんの集まる場所に行く可能性のある子は必ず打っておきましょう。
外へ出てしまうねこちゃんの場合は、ワクチンを打っていないと命に関わる病気をもらってしまうことがあります。
 出かけず暮らす…ことができないならば、必ず打ってあげてくださいね。

加湿とワクチンで、冬を乗り切りましょう!
あなたのご来院、お待ちしております。