読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、栗本動物病院です。

東京都小平市の栗本動物病院です。ときどき更新しています。

お盆明けの下痢、吐き気…よくあることだからこそ、早めの対策を!

お盆休みでしたね!
1号は、この週末、人生初のジョイフル本田を訪問。
とにかく巨大な店内にずらりと並んだ 多肉植物や、ペットショップ内を歩き回る カメさんに大興奮でした。

お盆休みといえば、わんちゃん、ねこちゃんとお出かけされた方や、
お孫さん、お友だちなどがお泊まりにきたという方も、多いと思います。
ひと息ついて、いつもの暮らし…に、すぐ戻れればいいのですが、疲れや興奮から、体調を崩してしまうことも。
その症状は、下痢や吐き気など、消化器症状となって出ることが多いようです。
症状がひどいと、栄養が摂れなくなってしまいますし、場合によってはイオンバランスが崩れ、入院して点滴する羽目になってしまう子も。
ふだんから、胃腸の弱いコは、予防や早めに手を打つことを心がけましょう。

下痢は、油の多いごはんを食べると、一般的に悪化します。
でも、市販のわんちゃんやねこちゃんのごはんには、味や香りを良くするなどの目的で、油が多く使われているのですね。
この油を取り除くだけでも、症状がよくなる場合があります。
ドライのごはんは、熱湯をかけて洗い流すのが一番簡単で効率的です。
お湯を吸ってふやけますから、水分も多く取れますし、かさが増すので少ない量で満足でき、よりおなかに優しいですね。
缶やパウチのごはんの場合、一度冷蔵庫で冷やしてやると、油が白く固まります。
これを取り除いて、残った部分をあげましょう。

下痢があまりにひどいときには、思い切って一食抜き、完全におなかを休ませてあげるのも方法です。
私たちもそうですが、下痢が続くときに食べると、食べたものがそのまま下痢になる感じがしますよね。
ひどいときには、食べている最中からゴロゴロあやしい音がするときもあったりしませんか?
一食抜くと、そのサイクルを一旦ストップできるので、快方に向かいやすくなります。

一旦休めたおなかですが、次のごはんでまたいつも通りのものを食べさせてしまうと、症状がぶり返すかもしれません。
そんなときには、ごく薄い塩味をつけたうすーいおかゆから、徐々にいつものごはんへ戻していきます。
全がゆの水の部分→全がゆ→5分がゆ→白ごはんにお湯をかけたもの→いつものごはんを熱湯で洗って油を除いたもの→少しふやかしたいつものごはん→完全にもとどおりのごはん
など、段階を追って戻していき、もし途中でおなかの具合が悪くなったり、再発するようなら、ふりだしに戻します。

ただ、症状があまりにひどいときや、短い周期で繰り返すときには、ためらわず病院へ連れていってあげてください。
でも、休み明けの職場って忙しくて、半休も取りづらいし定時もまず無理なんだよな…と、お思いの方。
朗報です。
当院、休診日なしで、木曜祝日以外は午後7時まで受付しております。
これなら、5時が定時として、1時間半残業しても間に合います☆
また、平日はもちろん、土日祝日も診察していますから、シフト制のお仕事の方にも、カレンダー通りの方にも、やさしい仕様となっております。

吐き気があるときは、おくすりの成分が体へ入る前に吐いてしまうことが多いので、病院で注射をしてもらったほうが早くスッキリ良くなります。
赤ちゃんやシニアのコ、体重の軽めなコや体力に自信のないコは、栄養補給の注射も必要かもしれませんし、あまりに吐くとイオンバランスが崩れたり、脱水を起こしてしまうこともありますから、吐き気はあまり様子見しないほうがいいんです。

ちょっとした下痢なら、なんとか治らないかな?と様子見する方も多いと思います。
そのとき、ごはんをちょっと変えると、治りやすくなるかもしれませんよ。


それでもだめなら、潔く動物病院へ!




皆様のクチコミ、お待ちしております。

Amazonの商品券、当たります。

私ごとですが、
先日 ○歳になりました。
○歳…
子供のころは あんなに大人に感じていた ○ という数字も、
いざ なってみるとぜんぜん大人になりきれない自分にびっくりしますね。
とりあえず アイスを 食べようと思います。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村

励ましをありがとうございます。

Twitter「つぶやく」ボタン



当院では、現在スタッフを募集しています。
ホームページ上からエントリーが可能ですので、
お気軽にご応募ください。
東京都小平市|小金井の栗本動物病院|犬・猫
また、学生さん・既卒者の方の病院見学、実習も大歓迎です。
同じエントリーシートから、ご応募いただけます。


こちらもよろしくどうぞ。
東京都小平市|小金井の栗本動物病院|犬・猫
[http://blog.goo.ne.jp/kurimotoah:ti