はい、栗本動物病院です。

東京都小平市の栗本動物病院です。ときどき更新しています。

狂犬病ワクチン、個室で受けられます

EUに続き、ついにアメリカも…渡航制限、イベントの自粛が止まりません。1号の住む市でも、複数の感染者が確認された…と、市の方が会見をしていました。その会見以降、市内のお店では、店員もお客さんも ほぼ全員がマスク姿に。電車の中、ショッピングモール…

犬のワクチンでは、新型肺炎は予防できません

先週のこと。切羽詰まった声で、お電話をくださったかたがいました。「先生のところでは、混合ワクチンは打てますか」「打てますよ」「初診でも?」「打てます」「犬じゃないんですが」「猫用のもありますよ」「いえ、犬じゃないけど、犬用のワクチンを打っ…

新型肺炎、絶対にやってはいけないこと

寒くなりました。北海道で19年ぶりマイナス35度、という報道もありましたね。 マイナス35度といえば、外でちょっと深く呼吸するだけでむせるくらいの温度。気道を通っても、空気が十分あたたまるまえに、気管支や肺にたどり着いてしまうからでしょうか。呼吸…

コロナウイルス と デマのおそろしさ

コロナウイルス の脅威が続いています。感染が初めて見つかった武漢は、周辺都市と合わせ、明日の旧正月を前に、交通を遮断することになりました。日本からは、成田・関空から直行便があり、全便欠航となっているそうですね。 原因のコロナウイルス は、MERS…

コロナウイルスの恐ろしさ

大変なことになっています。中国でいま話題の、肺炎。 undefined undefined www.google.co.jp もともと、湖北省武漢 という、中国の中央部にあるところで出た病気でした。症状は重いものの、亡くなった方はいない…ということでしたが、ついにこの三連休、お…

2020年の年頭所感

2020年になりました。令和 初のお正月ですね。9連休を堪能した方も、ふだんと変わらず 日常を駆け抜けた方も。時代と年の初めです。平成の自分も良かったけれど、令和の自分はもっと良い。そう思えるように、頑張っていきたいですね。 今年の撮り初めは 実家…

猫と心臓病・終章 治療と予後のはなし

クリスマスでしたね。1号にとっては、下の子の誕生日でもありました。サンタさんがやってきた方も、サンタさんの代行という重責を果たされた方も、ふつうの水曜日だった方も。みなさまお疲れ様でございました。 さて。今回は、先週の続き。猫と心臓病 シリー…

猫と心臓病 「風が吹けば桶屋が儲かる」

寒いですね。寒さにもいろいろありますが、忘れられないのはやはり 某国での寒さ。気温はマイナス20度以下が当たり前なのですが、向こうで気にしているのはそれより何より 体感温度。実際の気温がどうか?より、何度くらいの寒さと感じるか?が大事なんです…

猫と心臓の話・序章 冬は循環器に厳しい季節です

冬です。 心臓や腎臓に不安のある子には、厳しい季節ですね。アメリカでは、100年近くずっと、心臓の病気が死因のトップなのだとか。肥満や糖尿病など、心臓に負担のかかっている人が多いことによるもの、だそうですが、気候もきっと大きな要因なんじゃない…

ONE TEAM

季節の変わり目を 完全に見逃していた1号。先週の、いきなり寒くなった日に、夏服+カーディガンでちょっと歩き回ったら、ばっちり風邪を引きました…。10月末には 副鼻腔炎もやったばかり。いろいろと反省しています。(ガラガラ声で) 秋の空…ですね さて。い…

PLE(タンパク漏出性腸症)という病気のはなし

新幹線で福岡へ行ってきました。なぜ飛行機を使わなかったか。それは、とにかくものすごく、高かったから… 博多グルメの筆頭、博多らーめん。 控えめに言って最高でした。 飲み物かのように 替え玉したことをご報告します。 そんなわけで、お尻が割れそうに…

豚コレラ 改め CSFのはなし 狂犬病ワクチンを打ちましょう!

秋が深まってきました。秋、人間は、インフルエンザワクチン、花粉症対策のレーザー治療など、やることがたくさん。秋冬はどうしても病院にいく機会が増えてしまいますね。 特に1号は子連れだし、待ち時間も長いし、帰宅が遅れる分翌日への影響も大きいので…

蜂窩織炎(ほうかしきえん)のおそろしさ

今年も残すところ2ヶ月となった、今月の頭。当院院長の盟友、山内アニマルセンターの山内先生が、Facebook上にて、閉院と今後の展開を公表されました。晴れ晴れとした寂しさもありつつ、新しい門出に胸が熱くなる11月です。 そんなある日。このニュースに1号…

大雨の備えに、マイクロチップ!

日常生活の疲労を軽減 の文字に、思わずsuper c.c.レモンを手に取ってしまった1号です。育児に、仕事に、家事に、全力の皆さま。お疲れ様です。一緒に、シュワシュワーっ!とリフレッシュいたしましょう。 そんな今日この頃。大雨の被害から、少しずつ 立ち…

マダニに殺される。SFTS、日本紅斑熱は防げる病気です!

今日もまた大雨… なかなか 気持ちの良い秋晴れ、とはなりませんね。 火曜日、22日の即位礼正殿の儀 当日にも雨が降り、幸先が…と思っていた 浅はかな1号。 実は、あの日の儀式に使われた、アメノムラクモノツルギ という神具は、使うと雨が降るものなのだそ…

水害後の犬の散歩はちょっと待って!

恐ろしいことになってしまいました。台風自体の風雨はもちろん、河川の氾濫による二次的な被害がひどかった 今回の台風19号。あの、東日本大震災などと同じ、激甚災害に指定されることになったそうですね。 当院の目の前を流れる、玉川上水も属している 多摩…

ペットの抗体価検査、当院で受けられます

また大型台風が迫っているようです。 今回のは、5段階中6 とか、地球始まって以来のスーパー台風とか、とんでもない前評判が聞こえてきていますが、みなさん、備えは万全でしょうか? こんな穏やかな日が早くきてほしい 1号のうんとうんと若いころ。人生にお…

皮下点滴には何が入っているのか

日に日に、夜明けが遅くなってきていますね。毎朝綺麗な朝焼けを見られてうれしい1号です。 羽田空港の夕焼け 夜明けが遅くなり、冬が近づくと、着実に増えるのが皮下点滴。それは、腎不全 という病気に関係しています。 腎不全は、腎臓の機能が落ちる病気で…

international safe abortion dayによせて。避妊・去勢手術のすすめ

ラグビーワールドカップ、盛り上がり続けていますね!奇跡の再来、1号は電車の中で知りました。興奮を抑えきれず、試合終了とともにガッツポーズをしながら立ち上がった大柄なスーツ姿の男性が 同じ車両に2名いたのです。ホーム戦はやはりサポーターの力が大…

ラグビー選手に多いケガ。実は、犬にも多いんです!

今日はラグビーワールドカップですね! 電車の中でも、各国のユニフォームに身を包んだサポーターをたくさん見ました。 やはり元ラガーマン、現役ラガーマンが多いようで、大柄な方が多かったです。 でも、さすがスポーツマンでみなさん紳士。 子どもやお年…

他人事ではありません。同行避難への備えは今すぐに!

ひどい台風でした。怖い思いをした方、今困っている方が早く元の生活に戻れますように。 今回の台風、いちばん困っているのは やはり停電ではないでしょうか。中でも被害のひどかった千葉では、未だに電気の来ないところもあるようですね。電気がないという…

車酔い?いいお薬、あります

来週、久しぶりに飛行機に乗るので、ちょっとワクワクしている1号です。国内線 ですけどね。 いつかはハワイ…! 実は、けっこう車酔い体質の1号。車なら、助手席に座らせてもらうことで 回避できるのですが、飛行機となると そうはいきません。ミントの飴を…

秋花粉のシーズン前に

すっかり秋ですね。 令和最初の夏、楽しめましたか? 夏が過ぎれば、秋はもう目の前。 秋といえば… そうです。 花粉のシーズンです。 春の花粉に比べ、草による花粉症が多い印象のある 秋花粉。 背の低い草から花粉が… ということは、わたしたちより低いとこ…

短頭種症候群と気管虚脱、付き合い方のコツ

夜明けが遅くなってきています。お盆前は、5時にはもう完全に夜明け!夏の朝!という感じだったのに、最近では 5時にようやく朝焼け。5時半近くまで 朝らしい感じになりません。季節は、確実に 進んでいるのですよね。 あの夏も この夏も 過ぎてしまえば な…

気管がいきなりぺちゃんこに?気管虚脱の話

台風に、熱帯夜に、と 気候の落ち着かない日々です。恐怖を感じるほどの雨が降った数分後に いきなり晴れたりして、もうほんと日本は温帯というより亜熱帯になってしまってるのでは… せめて写真で 涼をどうぞ! そんな日々、やはり気になるのは 呼吸器の病気…

飛行機に乗れない犬。短頭種症候群のはなし

夏です。それでも、いつの間にか時間は過ぎ、季節は進んでいて。日の出は少しずつ遅くなり、日の入りも早くなり…短い夏が終わっていきますね。素敵な思い出を作れていますか? 夏の思い出といえば、やはり旅行。中でも、飛行機に乗るくらいの長距離旅行とな…

は のつく八月、歯のケアの話

8月になりました。電車の中には、休みを楽しみに 仕事に向かう人、まさにこれから 遊びにゆく人、楽しかった休みから 戻ってきた人…みんな それぞれに事情がありますね。 こんな木漏れ日の下で のんびりお昼寝できたらなー…八月は 和風月名で「はづき」といい…

犬と心臓病② 拡張型心筋症

こんにちわわ!なんて書き出しで、ブログを書いていた時代がありました。…(枕に顔を押し当て足をバタバタさせながら)そんな時代もありました。 さて。前回、心臓病のお話をしました。見ていただいているようで、twitterなどのSNSや、診察室で、お声がけをい…

犬と心臓病① 僧帽弁閉鎖不全症

過去の自分に元気をもらったり、ベッドに頭からダイブして 枕に顔を押し付けながら、わー!と叫びたい気持ちにさせられたり。長くブログを書いていると、いろいろなことがありますね。ごきげんよう、あなたの1号です。(数年前のテンションを引きずりながら) …

曇りの日に

去年の西日本豪雨から早くも1年。スッキリしない日が続いていますね。こんな日々は、寒暖差や、室温と外気温との差などで、体調を崩しやすい日々でもあります。そこから、転がるように体調がどんどん悪くなってゆき、夏に弱ってしまう子が多いです。 夏に悪…